ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2013年06月27日

  • おなかの弱いイヌにいちばんいいドッグフードを選ぶ


  • コラム出典:Choosing the best dog food for sensitive stomachs
    http://www.vetinfo.com/best-dog-food-stomach.html

    おなかの弱いイヌにいちばんいいドッグフードを選ぶには、ちょっとした忍耐とリサーチが必要です。消化不良を起こす原因を突き止めて、それ以外の疾患はすべて除外する必要があるからです。そうは言っても、おなかの弱いイヌというのは珍しくありませんから、消化不良に関する情報はたくさん手に入ります。

    おなかが弱いだけ?それともほかの原因?
    イヌが単に「おなかが弱い」だけで、ほかに何か深刻な病気はないかを見極めなければいけません。すい炎などの病気は、ひどい嘔吐や下痢をよく伴います。これはイヌが食物で消化不良を起こしている時に見られる症状と同じです。アレルギー反応でもこの症状が起きることがあります。ですから、原因となり得るほかのあらゆる病気を除外することが大切です。単純に食物を替えるだけでこの問題が解決することもあります。

    何の前触れもなく、食物を替えることで急に消化不良を起こす場合がありますから、これを避けるためにも必ず徐々にエサを変更して、イヌのおなかがこの変化にうまく適応できるように気を付けてください。ドッグフードの銘柄を替えた直後にイヌが消化不良を起こした、と報告する飼い主が大勢います。イヌのおなかがエサ変化にうまく適応できていないことが原因です。

    市販のドッグフード
    多くの市販のドッグフードの場合、おなかの弱いイヌが消化できない化学物質や成分が入っています。これらのほとんどはスクラロースなどの甘味料です。着色料やほかの化学調味料で症状が起きるイヌもいます。原因としていちばん多いのは、化学防腐剤であるエトキシキンと没食子酸プロピルです。市販のドッグフードの多くが、これ以外にも以下のような消化しにくい成分を含んでいます:

    ・フスマ
    ・トウモロコシ
    ・牛肉
    ・鶏肉の副産物/肉粉
    ・塩
    ・コーンシロップ
    ・ピーナッツ外皮

    これらの食品には栄養がほとんどない、もしくはまったく含まれていません。例えばピーナッツ外皮はつなぎとしてよく使われます。量が非常に多く、値段も安いからですが、残念ながらイヌのおなかはピーナッツ外皮もうまく消化できません。
    おなかの弱いイヌには、この替わりに消化しやすい食物に絞って与えるのがいいでしょう。例えば以下のようなものです:

    ・米
    ・オートミール
    ・鶏肉(副産物ではなく本当の肉の部分)
    ・カッテージチーズ
    ・サツマイモ

    ホリスティックフードはたいてい、おなかの弱いイヌにも安全です。甘味料や、化学保存料、過剰な塩分の使用を避けているからです。おなかの弱いイヌにお勧めできる銘柄は、具体的に以下のものがあります:

    ・ナチュラルバランス(Natural Balance)
    ・フリントリバーランチ(Flint River Ranch)
    ・ネイチャーズレシピ(Nature's Recipe)
    ・ピナクルダック(Pinnacle Duck)
    ・カリフォルニアナチュラル(California Natural)
    ・ブリーダーズチョイス(Breeder's Choice)

    自家製ドッグフード
    自分でドッグフードを作ることを選ぶ人もいます。こうすれば健康に悪い化学物質や防腐剤をすっかり除去できるからです。たいていの場合、化学物質や防腐剤を避けるという点においてはうまくいきますが、個々のイヌが本当に必要としているもののバランスをきちんと摂ることが難しい場合がありますから、ある程度研究が必要です。「人間の食べ物」は、ドッグフードと同じビタミンや無機塩類を必ずしも含んでいるわけではありません。特別なエサが必要な場合を除いて、イヌのエサには通常、以下の栄養素が入っていなければいけません:

    ・たんぱく質
    ・脂肪
    ・繊維質
    ・炭水化物
    ・リン酸化合物
    ・プロバイオティック(生菌)
    ・健康的に配合されたビタミンと無機塩類

    個々のイヌに合わせて、混合比を調整する必要があります。
    イヌに有害な食品には以下の物があります:

    ・チョコレート
    ・タマネギ
    ・ブドウ
    ・レーズン
    ・アボカドの種
    ・カフェイン

    イヌにはこれらの食品を与えないでください。同様に、骨も与えないのが賢明な場合があります。鋭い骨先が、口、のど、そして胃を傷つけるおそれがあるからです。
    市販品であれ自家製であれ、おなかの弱いイヌのエサ選び、そのイヌが必要なものすべてを適切なバランスで摂取できるようにするには、しっかりと考えること、そして時間が必要となります。