ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2011年03月08日

  • すべてのがんがわかるのですか?


  • 広く有効性の認められているPETですが、万能というわけではありません。検査で用いる薬剤(FDG)が、尿となって体外に排出されるため、泌尿器系(腎臓、膀胱など)は正常でも反応ができてしまい、紛らわしいことがあります。また心臓や脳など、もともとブドウ糖を多く消費する部位も反応がでてしまい、判別が難しくなります。
    このような部位や、PET検査でも発見できない場合をカバーするため、CTやMRIなど、ほかの検査方法も併用して、より精度の高いがん検査をすることが可能になります。