Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(2)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

アゾディル・スモールカプセル (90カプセル) 【要問合せ商品】

画像を拡大する

ポイント!
必ず冷蔵庫で保管するようにね!

高齢のネコに特に多く発症する傾向のある慢性腎不全のサプリメント。生体内で有益な働きをするプロバイオティクスの作用によって病状の進行を遅らせて良好な状態を維持します。 
 ※注意※ 
・要冷蔵薬のためEMS発送のみになります。
・1回に注文できる本数は2本までです。

アゾディル・スモールカプセル (90カプセル) 【要問合せ商品】 
Azodyl (90 Capsules)

販売価格(税込) 16950 円
オリジナル商品名 : アゾディル
製薬会社名 ベトキノール
個  数
     

適応症状 :
慢性腎不全

商品紹介 :
アゾディルは、イヌやネコの慢性腎不全の進行を遅らせる効果が期待できるサプリメントです。生体に有益な作用をもたらすプロバイオティクスと呼ばれる微生物の働きによって血液中の尿毒素を分解し、腎臓をはじめとしたさまざまな臓器に障害が及ぶのを妨げる効果があるとされています。

血液中の老廃物や有害物質を尿と共に体外に排出する役割を果たしている腎組織が障害を受け、その機能が長期間にわたって徐々に低下していく進行性の疾患が慢性腎不全です。
初期のうちは、健康な腎組織が機能不全となった組織に代わってその機能を果たすため、特徴的な症状があらわれることはほとんどありません。しかしこれにより健康な腎組織が徐々に機能不全へと陥り、その濾過機能が低下していくことから、最終的には血液中に本来体外に排出されるべき有害物質が残存するようになり、腎臓や全身の臓器に弊害をもたらすようになります。
また腎臓は有害物質を体外に排出する以外にも、塩分や水分の体外への排出の調整作用やレニンというホルモン分泌による血圧維持作用、さらに赤血球造血ホルモンとなるエリスロポエチンの分泌、体液量、イオンバランスの調整、そしてカルシウムを骨に吸着させるために必要不可欠であるビタミンDの活性化など生命維持において非常に重要な役割を担っている臓器です。そのため機能の著しい低下は、命に関わることもある尿毒症につながることとなります。

慢性腎不全は進行性であり、いったん機能不全に陥った腎組織を回復させることはできません。したがって慢性腎不全の治療は腎組織に負担をかける要因を取り除き、その進行を可能な限り遅らせる食事療法や薬物療法が中心となっています。この慢性腎不全の進行抑制に優れた効果が認められているサプリメントが、プロバイオティクス製品の研究開発において世界でも最先端の技術を誇るキボウ・バイオテック社(Kibow Biotech Inc)によって開発されたアゾディルです。

プロバイオティクスとは動物の生体内に常在菌として存在し、生体に有益な作用をもたらすことが認められている微生物です。アゾディルにはこのうち尿毒素として血液中に蓄積される有害物質を栄養源として摂取し、分解する性質を持つ3種類のプロバイオティクスと、それらの活動を促進するプレバイオティクスのシリアム・ハスクス(オオバコの種皮)が配合されており、これらの成分の作用によって血液中における有害物質の蓄積防止効果が認められています。血液中の有害物質の減少は全身の組織に障害を及ぼすBUN(血液尿素窒素)の低下につながることから、結果として症状の進行が抑制され、良好な状態を長期的に維持することを可能とします。

さらにアゾディルは天然のプロバイオティクスが成分であるため、使用における副作用がほとんどなく、ほかの慢性腎不全治療薬との併用も可能である点も利点とされています。



使用方法 :
※下記はアゾディルの使用方法のガイドラインです。実際の使用は獣医師の指示に基づいた適切な用法、用量で行なうようにしてください。

体重が5ポンド(約2.2kg)未満の動物: 1日1カプセルを投与します。
体重が5ポンド(約2.2kg)から10ポンド(約4.5kg)までの動物: 1日2カプセルを投与します(この場合午前中に1カプセル、午後に1カプセルを投与するようにしてください)。
体重が10ポンド(約4.5kg)以上の動物:1日3カプセルを投与します(この場合午前中に2カプセル、午後に1カプセルを投与するようにしてください)。

カプセルは開けたり、つぶしたりせずそのままの状態で投与するようにしてください。
少なくともエサの時間の1時間前までに投与するようにし、必要があれば動物の好む食べ物やおやつと一緒に投与するようにしてください。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら