Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

■夏の皮膚疾患特集■(45)

★お買い得商品★(0)

サプリメント(15)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(8)

その他の病気(35)

商品検索 キーワード

アドバンテージスポット(体重4kg未満の子イヌ、小型のイヌ用)( 4チューブ)

画像を拡大する

ポイント!
見つけたノミは絶対につぶさないこと。卵が飛び散って逆にノミの繁殖につながります。

即効性、持続性に優れたノミの駆虫薬。体重4kg未満の小型犬や子イヌだけでなく、ウサギやフェレットに対しても使用することができます。

アドバンテージスポット(体重4kg未満の子イヌ、小型のイヌ用)( 4チューブ) 
Advantage for Puppies and Small Dogs (4 x 0.4mL)

販売価格(税込) 5380 円
オリジナル商品名 : アドバンテージ スポット 40 犬用
製薬会社名 バイエル

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
外部寄生虫(ノミ)

商品紹介 :
アドバンテージスポットは、動物の体表に取り付いて吸血しながら生存するノミの寄生や繁殖を妨げる薬です。
ノミの寄生は激しいかゆみを引き起こすだけでなく、吸血時の唾液によるノミアレルギー性皮膚炎の発症や条虫の寄生に関わっているほか、同居している動物や人間にも寄生して弊害を引き起こすことがあります。そのため日頃からその寄生の予防に努め、寄生が認められた場合には早期にその繁殖を阻止するための駆虫を行なうことが非常に重要です。

ノミは昆虫の中でも比較的複雑なライフサイクルを持つ生物です。成虫以外は動物の体から離れた部屋の隅や家具の下や畳、絨毯の下などで卵、幼虫、さなぎといった段階を経て成虫となり、宿主に寄生すると8-12時間後には交尾を交わし産卵を開始します。また、それぞれの成長段階で殺虫剤に対して異なる耐性があるため、一種類の駆除剤でその繁殖をを完全に抑えることは不可能であるとされています。
蚊とは異なり雄雌共に吸血し、特に雌は産卵のために自己の体重の15倍もの血を吸血すると言われています。そのためその大量寄生は宿主が貧血を引き起こす原因となります。また吸血の際に宿主の血液凝固を防ぐため唾液を注入しますが、この唾液が原因となって激しいかゆみや皮膚の炎症を症状とするノミアレルギー性皮膚炎を引き起こすほか、消化管寄生虫症のひとつである条虫感染症を媒介するなど、さまざまな感染症の発症にもかかわっています。そのため適切な駆除が行なわれない場合には、動物だけではなく飼い主にまでさまざまな病害を引き起こすことになります。

このノミの寄生や繁殖を効果的に抑制する薬がアドバンテージスポットです。有効成分のイミダクロプリドは昆虫体内の神経接合部位に作用し、ノミの全身的な弛緩や運動能力を低下させることで吸血活動や歩行への障害、交尾や産卵の抑制といった長期的な制虫的作用を発揮します。このノミ成虫の即効的な駆虫と産卵率の大幅な減少などにより、ノミの寄生や繁殖を強力に抑制します。 
さらにイミダクロプリドの作用する神経接合部位はノミなどの昆虫独自のものであり、動物の体内には吸収されないために安全性が高いとされているほか、授乳期の雌に投薬することによって哺乳期の動物に対しても効果がおよぶことなどもその利点とされ、優れた効果を持つ新しいノミ駆虫剤として人気を集めています。
また、子犬用のアドバンテージスポットはウサギやフェレットに対する安全性も確認されているため、ほかのノミ駆虫薬が使用できないこれらの小動物のノミ対策にも安心して使用することができます。

なお、アドバンテージスポットの効果は基本的には動物の体表に寄生しているノミの成虫に対してのみに発揮されることから、その繁殖を完全に抑制するには掃除機のこまめな使用など、生活環境中に生存しているノミの卵、幼虫、さなぎの駆除を併せて行なうことが必要です。


使用方法 :
※下記はアドバンテージスポットの使用量のガイドラインです。正確な使用に関しては獣医師の指示に従ってください。

●使用量
1ヵ月に1回1チューブを頸背部に滴下します。

●使用方法
肩胛骨部の皮膚が見えるまで被毛を分け、チューブの先を軽く当ててチューブを2回強く押し、直接溶液を皮膚に滴下してください。






  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら