ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2011年10月21日

  • イヌとネコのアレルギー治療の比較


  • コラム出典: Dog and cat allergy treatments compared
    http://www.vetinfo.com/dog-cat-allergy-treatments.html

    アレルギーはペットに共通する健康問題であり、ネコやイヌにも発症します。一般的にイヌとネコのアレルギー治療方法は、ペットを煩わせるアレルギーの重症度や種類によって異なります。通常は、ペットのアレルギー症状を治療するために、獣医により生活習慣の調整が指示され、アレルギー治療薬も一緒に処方されることが多いようです。

    ホコリと花粉への接触を避ける

    イヌとネコの皮膚アレルギーの原因が、花粉、ホコリ、微粒子である場合には、ペットがアレルギーの原因となるこれらのアレルゲンと接触するのを避けるようにしてください。家の地下室や屋根裏のようなホコリまみれの場所にペットを近づけないようにするほか、掃除機をかけたり、ホコリを掃除したりするときにはペットを別の場所に移動させておきましょう。芝生は常にきれいに刈っておくようにし、ペットに花粉アレルギーがある場合は、外出時には花粉量が多い場所に長く留まらないようにします。また、ペットに食物アレルギーがある場合には、遷延性アレルギー反応を起こさないように、有害な食物をエサから取り除いてください。

    アレルギーの治療には、主に以下のようなアレルギー治療薬が処方されます。

    抗ヒスタミン薬

    抗ヒスタミン薬は、ヒトと動物のアレルギー症状を治療するために使用される薬です。一般に、抗ヒスタミン薬の投与による成功率は、イヌよりもネコのほうが有意に高いとされています。また抗ヒスタミン薬による副作用は、イヌのほうが多様かつ程度が重いのに対し、ネコでは限定的です。抗ヒスタミン薬に関連した副作用のうち、高頻度に起こるものには、過眠症、嘔吐、下痢、過食、飲み過ぎなどがあります。動物の種類が変われば抗ヒスタミン薬に対する反応も異なるので、抗ヒスタミン薬治療計画の前および途中で、担当獣医と相談することが大切です。

    脂肪酸

    脂肪酸は、ペットの毛や皮膚のトラブルの治療に使用されます。脂肪酸を単独使用、もしくはそのほかのアレルギー治療療法と併用することにより、ペットの毛の光沢と質が明らかに改善されます。オメガ3脂肪酸は副作用がごく軽度であるものの、長期的な治療計画が必要とされる成分です。完全に治るペットもいれば、アレルギー症状がほとんど変わらない、あるいはまったく変化がみられない場合もあり、治療効果には大幅な差があります。そのため、ペットのアレルギーに対する単剤治療として脂肪酸を使用することはめったにありません。

    局所外用療法の選択肢

    アレルギーに関連した皮膚や毛の症状に悩まされているペットには、アレルギーの外用薬が効果的です。獣医の診療所には、アレルギーに関連した皮膚や毛のトラブルを治療するためのシャンプー、石けん、軟膏が揃っています。外用療法はアレルギー症状を著しく緩和させる傾向がある一方で、長期的に行なうと重篤な副作用のリスクの発生が高くなるようです。

    代替療法の選択肢

    アレルギーに対する抵抗力をつける減感作治療とステロイドによる治療は、アレルギー緩和療法としてはあまり使用されません。むしろこれらの選択肢は、重症例や前治療計画が不成功に終わった場合に行なわれることが多いようです。しかし、ほかの治療方法より治療費が高く、リスクも大きくなりますが、成功率は高いとされています。

    微粒子、食物、そのほかのアレルゲン関連のアレルギーをペットが発症している場合は、ペットにとって適切な治療方法を獣医と話し合ってください。多くの場合、ある程度の試験的治療が必要であり、副作用を伴わない効果的なアレルギー治療を見つけ出すまでには、複数回の試みを要する場合があります。また多くのペットは、複数のアレルギー治療を併用することで効果が現われることがあります。飼い主と獣医が注意深く見守ることで、アレルギーを持つペットは普通の健康的な生活を送ることができるのです。