ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2014年02月10日

  • イヌと一緒に車でお出かけ


  • コラム出典: Traveling with Dogs in Car Rides
    http://www.vetinfo.com/traveling-with-dogs-in-car-rides.html


    車でイヌと一緒にお出かけするのは難しいことではありませんし、ペットと一緒に行く旅行の計画を立てることは飼い主にとってもワクワクします。ほとんどのイヌは自動車旅行をするのに何の問題ありませんが、中には車中で飼い主の手助けが少しだけ必要なイヌもいます。ペットにとって旅行をより快適なものにするためにはどうしたらいいのか、順を追って見て行きましょう。

    自動車旅行には欠かすことのできないケージ(カゴ)

    イヌにとって第一に、そしていちばん重要な旅行道具はケージです。快適に動き回れるくらいの大きさが必要ですが、イヌが落ち着かないほど大きい必要はありません。小型~中型のイヌを飼っているようであれば、ケージは後部座席に置いてシートベルトでしっかり固定しておくことも可能です。また大型の場合は、後部座席や荷台、後部荷物スペースにフィットするサイズがいいでしょう。

    ケージは旅行中にイヌにとって安全な居場所を提供し、運転中はケージ内に居ることで、車内を好き勝手に動き回らせるよりもずっと安心です。

    ペットをケージと自動車旅行に慣らさせる

    もしペットがケージに入れられることに慣れていない場合は、ケージの扉を開けたままで、イヌが歩き回る範囲に置いてみてください。ケージを出入りしやすい状態にしたまま、イヌが中に入ったら短時間だけケージの扉を閉めます。それに慣れたようであれば、扉を閉める時間を少しずつ長くしていきます。

    ケージ内に留まることに慣れたようであれば今度はケージとイヌを車に乗せ、旅行に行く前の約2週間、短時間のドライブをしてみましょう。毎回少しずつ車に乗っている時間を長くし、実際の旅行までにケージの中に居ることに慣れる機会を与えてあげてください。

    出発前にモーテルの予約を

    イヌと一緒に自動車旅行に行くということは、あらかじめ旅行計画と予約が必要ということでもあり、特に旅行が1日以上におよぶのであればなおさらです。イヌ用具をすべて詰め込みましょう。また旅行中に吐き気を起こさないように、普段食べているエサやいつも飲んでいる水を入れるのもお忘れなく。そしてインターネットやペットオーナーのためのガイドブックなどでペットも泊まれる施設を見つけ、出発前に予約を入れておきましょう。

    旅行当日の予定を組み、夕方までには宿泊地に到着できるようにしてください。そうすることでペットに運動する時間を与えることができ、運転中に食べられなかった食事をここで摂ることができます。

    目的地に到着する間も、充分な休憩を取ってイヌに休ませる時間と運動時間を与えてあげてください。休憩中はしっかりつなぎ留めておき、万一旅行中に逃げてしまった場合に備えて認識証のついた丈夫な首輪を付けておいてください。また車中の温度は、暖かい日は急激に上昇し、寒い日は一気に低下しますので、くれぐれも車の中に置き去りにしないようにして