ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(1)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(11)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(32)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

イパキチン(180g)

画像を拡大する

ポイント!
腎不全の治療には食事の管理も大切。腎臓に負担をかけるタンパク質やリンの摂取は控えるようにね。

高齢のネコに多く発症する慢性腎不全に効果が期待できるサプリメント。腎機能を低下させるリンが腸管から吸収されるのを妨げることで病状の進行を遅らせ、良好な状態を維持します。

イパキチン(180g) 
Ipakitine - 180g

販売価格(税込) 6700 円
オリジナル商品名 : カリナール1
製薬会社名 ベトキノール
個  数
     

お問い合わせはメールにて承っています
適応症状 :
慢性腎不全

商品紹介 :
イパキチンは高齢の猫に多く発症する慢性腎不全の治療用サプリメントです。腎臓機能の低下に伴う体内でのリンや毒素の蓄積を妨げ、腎不全の悪化による尿毒症の発症を予防する効果を発揮します。

慢性腎不全とは、血液中の老廃物や有害物質を尿として体外に排泄する役割を果たしている腎臓の機能が長期間にわたって徐々に低下し、全身の組織にさまざまな障害を引き起こすようになる状態です。
腎機能の低下により本来であれば体外に排泄されるべき物質が体内に蓄積されるようになると、体液量や電解質バランスの調整、造血ホルモンの分泌などに異常が起こるほか、血中の毒素が全身を循環することによる嘔吐や下痢、脱水症状、そして多臓器不全につながる尿毒症を発症し、命に関わる状態に陥ることもあります。慢性腎不全は中高齢のイヌとネコの両方に認められますが、特に高齢のネコにおける発症率が非常に高いという特徴があり、10歳前後では10頭に1頭、15歳前後では3頭に1頭に発症が認められるとされています。

慢性腎不全による腎機能の低下は、水・電解質代謝異常、尿濃縮力障害、高窒素血症、代謝性アシドーシス、二次性副甲状腺機能低下症といった合併症をもたらします。人間であれば人工透析によって血中の毒素を取り除くことが可能ですが、体の小さいイヌやネコでは食事療法と共に、腎不全の予後を左右するとされている腸管内のリンを排泄させるリン吸着剤による治療がとられます。

腸管でのリンの吸収率を大幅に減少し、血中のリン濃度の上昇を抑えることによって尿毒症の発生を効果的に予防する薬がイパキチンです。有効成分には高いリン除去作用のある炭酸カルシウムのほかに、リンやクレアチニン、アンモニア、尿酸など窒素化合物を吸収するキチンキトサンの2成分を配合し、これらの相乗効果によって尿毒症を誘発する物質が腸管から吸収されるのを強力に妨げます。

この作用により、血中のリン濃度の上昇による異所性石灰化や二次性副甲状腺機能低下症といったミネラル代謝異常、そして腎機能の低下を引き起こす間質の炎症、線維化などの発症を抑制し、その進行を遅らせる効果を発揮します。


使用方法 :
※下記はイパキチンの使用量のガイドラインです。正確な使用に関しては獣医師の指示に従ってください。

体重5kgにつき1g(スプーン1杯)をエサに混ぜて1日2回投与します。

・使用期間は使用開始後6ヵ月までとします。
・6ヵ月以上使用する場合は、使用を継続する前に獣医師に相談することが望ましいとされています。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら