ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(1)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(11)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(32)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

クロミカルム 80mg(体重20-80kgのイヌ用) (30錠)

画像を拡大する

ポイント!
ペットを溺愛するだけではなく、習性を考えた飼育をしてあげてね。

分離不安症の治療薬。不安な気持ちを抑制して、破壊行動や無駄吠えといった問題行動を取ることを妨ぎます。

クロミカルム 80mg(体重20-80kgのイヌ用) (30錠) 
Clomicalm -80mg (30 Tablets)

販売価格(税込) 13220 円
オリジナル商品名 : クロミカルム
製薬会社名 ノバルティス
個  数
     

適応症状 :
分離不安症

商品紹介 :
クロミカルム80mgは飼い主の不在時に必要以上の不安を感じ、破壊や粗相といった問題行動を引き起こす分離不安症の補助療法薬です。極度な不安を感じるのを妨げる効果があるとされています。

分離不安症とは、例えばイヌの場合では、飼い主の不在時に限って引き起こす屋内・屋外の物品の破損、過剰に吠える(無駄吠え)、不適切な排尿・排便などの問題行動を特徴とする疾患です。その原因が飼い主と離れることに対する極度な不安によるものとされていることから、精神疾患のひとつとされており、現在では飼育されているイヌの1割に発症が認められるとされています。もともとイヌは群れで生活する習性があることから、孤独を嫌う傾向ある上、近年では飼い主が必要以上に愛情を示すことも珍しくなく、これらの要因が絡み合って発症すると考えられています。

分離不安症の直接の原因である不安という感情は、脳内においてさまざまな情報や感情の伝達に関わっている神経伝達物質のバランスの崩れが原因であるとされています。脳内の神経伝達物質は数十種類が存在し、それぞれが異なる機能を持っていますが、中でも分離不安症の原因は、意欲に関するノルアドレナリンや精神を安定させる作用のあるセロトニンなどの働きが不十分になることによって引き起こされるとされています。

この脳内の神経伝達物質のバランスの乱れを調整するのがクロミカルム80mgです。有効成分のクロミプラミンは、人間のうつ病や強迫性障害の治療にも用いられている三環系抗うつ剤に属する成分です。脳内で情報伝達のために放出されたノルアドレナリンやセロトニンが、神経細胞の前シナプスに再吸収されその情報伝達能力を終焉させられることを妨げ、これらの神経伝達物質の情報伝達作用を増強することよって不安を軽減させる作用があるとされています。

分離不安症の原因となる不安は、飼い主が外出することを強調するような行動を取ることが引き金になるとされています。そのため治療はクロミカルムによる精神安定作用に加えて、飼い主が外出することに対してイヌが必要以上にストレスを感じたり不安がらせないようにする行動療法を同時に行なうことが大切です。


使用方法 :
1回の投与量
●イヌ:
体重20-40kg: クロミカルム80 x 0.5錠
体重40-80kg: クロミカルム 80 x 1錠

・1日2回投与します。
・餌と一緒に投与することが好ましいとされています。
・錠剤は分割して投与することができます。

■使用期間 
・行動療法の補助として、通常2~3ヵ月の投与が必要 
1週間ぐらいで改善の兆候があらわれますが、安定した効果が得られるのには通常約4週間かかります。
行動療法が軌道に乗り、症状が改善されたら投薬を中止できます。また、3ヵ月経過しても症状の改善が見られない場合も中止してください。

■使用できないケース
●緑内障のイヌ
眼内圧を上昇させる可能性があります。(末梢性抗コリン作用)

●心疾患のあるイヌ
心拍増加、心収縮力増加、血圧上昇(交感神経刺激作用)があらわれる可能性があります。

●てんかんなどの痙攣性疾患のある、または既往歴のあるイヌ
痙攣の閾値を下げる可能性があります(中枢性抗コリン作用による)。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら