Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

■夏の皮膚疾患特集■(45)

★お買い得商品★(0)

サプリメント(15)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(8)

その他の病気(35)

商品検索 キーワード

  • 2017年08月22日

  • ケンネルコフからの回復するためのヒント


  • コラム出典: 6 canine kennel cough recovery tips
    http://www.vetinfo.com/canine-kennel-cough.html


    ケンネルコフは、閉じられた空間でほかのイヌが保菌する病原菌にさらされることで発病します。ワクチン接種は可能ですが、たまたまイヌがこの病気にかかったのであれば、以下のヒントに従って、イヌを回復させるようにしましょう。

    1. 自宅の換気をしっかりして、イヌが清潔で新鮮な空気をたっぷり呼吸できるようにしましょう。暖炉やタバコの煙、家庭用薬品(化学品)から出る煙は、回復をさらに困難にします。

    2. 咳止めシロップは、ケンネルコフ治療として認められた方法のひとつです。獣医はイヌのサイズに応じて、ロビタシン(Robitussin)や同じような咳止め薬を推奨することがあります。

    3. 空気に水蒸気や湿気を加え、イヌの気道や咽喉をいたわってあげましょう。加湿器や噴霧器を使うのもいいかもしれません。また、シャワー中の浴室にイヌを連れて行き、湯気にさらすのも有効です。

    4. 運動には気道を緩める作用があるため、イヌをゆっくりと落ち着いた散歩に連れ出し、気道をすっきりさせてあげましょう。ただし、過度の運動は咳が増えるので厳禁です。

    5. ケンネルコフは非常に感染しやすいため、感染が弱まるまではほかのイヌを近づけないようにしてください。また、施設によっては預ける前に、ケンネルコフの予防接種の証明書が求められる場合があることを覚えておいてください。

    ケンネルコフから回復するのに要する期間は通常7-10日で、その間、ペットにはできる限り快適な環境を与えるようにしてください。このような治療で効果があらわれず、発熱や食欲不振(喪失)が見られたら、獣医の診察を受けさせてください。場合によっては、ケンネルコフが肺炎につながることもあります。