ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(1)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(11)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(32)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

ゲンタ・スプレー  (120ml) 【販売終了】

画像を拡大する

ポイント!
湿気は細菌の繁殖に絶好条件。シャンプーや水遊びの後は体をしっかり乾かしてあげてね。

イヌの表在性膿皮症治療用スプレー。日本で広く使用されているデルモルGスプレーと同じ成分を含んでおり、かゆみ、皮膚症状を速やかに改善します。

ゲンタ・スプレー (120ml) 【販売終了】 
GentaSpray Topical Spray (120mL)

販売価格(税込) 3180 円
オリジナル商品名 :
製薬会社名 ヘンリー・シャイン・アニマルヘルス
関連カテゴリ :

皮膚の病気

イヌ

皮膚 > 膿皮症

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
膿皮症

商品紹介 :
ゲンタ・スプレーは、イヌの皮膚疾患の中でももっとも多く見られるとされている細菌性膿皮症の治療薬です。

細菌性膿皮症はイヌの表皮に常在している常在菌の異常繁殖を原因とする皮膚炎のひとつで、その感染の深さによって表面性膿皮症、表在性膿皮症、深在性膿皮症に分類されています。
皮膚の浅い部位に発症する表面性あるいは表在性膿皮症の主な症状は、しつこいかゆみを伴う丘疹や膿胞、皮膚小環といった皮膚症状ですが、感染が皮膚の深部に及んだ深在性膿皮症では、眠れないほどの強いかゆみ、かさぶたや出血、皮膚の肥厚化など重度の皮膚症状に加えて、発熱や体重減少といった全身症状が生じることもあります。

発症の原因の多くは過度のシャンプーや不適切なグルーミング、季節的な高温多湿などによる皮膚のバリア機能の低下が引き金になるとされていますが、中にはアレルギーや脂漏症といった皮膚トラブルを引き起こしやすい体質的な問題をはじめ、甲状腺機能低下症やクッシング症候群など何らかの基礎疾患によって誘発されることもあります。特に感染が難治性であったり再発を繰り返すような場合はこれらの基礎疾患との関連が疑われることから、検査による原因の特定とその治療が必要です。

膿皮症は細菌性感染症のため、その治療は原因菌の異常繁殖を抑制する外用、あるいは内服の抗生物質の投与が中心となります。この膿皮症の中でも特に表面性/表在性膿皮症の治療薬として高い評価を受けているのが、抗生物質とステロイド成分を配合したスプレータイプの外用薬であるゲンタ・スプレーです。
ブドウ球菌をはじめとした幅広い細菌類に対して強い殺菌作用を持つゲンタマイシンが原因菌の繁殖を強力に抑制すると同時に、配合成分のベタメタゾンがかゆみや炎症症状を緩和し、患部の掻き壊しや二次感染の発生による症状の増悪を妨げるなど、これらの成分の相乗作用により皮膚症状を速やかに改善する効果を発揮します。 

さらにゲンタ・スプレーは患部に触れることなく直接病変部に有効成分を浸透させることができることから、飼い主の手に付いた雑菌などによって症状を悪化させてしまう心配がなく、また広い部位に効率的に投与できるよう工夫されているなど、効果と使いやすさの両方に優れた商品です。


使用方法 :
※下記はゲンタ・スプレーの投与量のガイドラインです。正確な使用量、使用期間は獣医師の指示に従ってください。

ゲンタ・スプレーの使用前に邪魔になる被毛を除去し、患部と患部に隣接した部位を清潔にしてください。
容器をまっすぐに持ち患部から3-6インチ(約7.5-23cm)離れた位置からスプレーします。

1回の使用量として、スプレーヘッド2プッシュ分(2回押す)を1日2-4回、7日間使用します。

・1プッシュは溶液0.7mL分に該当します。
・30日以上は使用はしないでください。
・妊娠中の動物に使用する場合は、必ず獣医師に相談してください。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら