Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(2)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

コセクインDS(アメリカ市場向け)(チュワブル132錠)

画像を拡大する

ポイント!
関節の保護には体重管理が大切。変形性関節症の予防のためにも日頃から体重に気をつけてあげてね。

イヌの関節保護に効果のある栄養補助剤(サプリメント)。軟骨の健康維持に必要なグルコサミンやコンドロイチン硫酸に加えて軟骨や骨の形成に欠かせないマンガンが配合され、健康な関節の維持を効率的にサポートします。

コセクインDS(アメリカ市場向け)(チュワブル132錠) 
Cosequin DS Chewable Tablets (132 Tablets)

販売価格(税込) 10530 円
オリジナル商品名 : コセクインDS
製薬会社名 ニュートラマックス・ラボラトリーズ
個  数
     

適応症状 :
変形性関節症

商品紹介 :
コセクインDSは、正常な関節機能の維持に必要不可欠なグルコサミンやコンドロイチン硫酸、そしてマンガンを豊富に含んだ栄養補助食品(サプリメント)です。加齢と共に関節にトラブルを抱える傾向のあるイヌの関節を保護、サポートする効果が認められており、イヌの変形性関節症の予防や症状の緩和に用いられています。

イヌの関節疾患の中でも特によくみられるのが変形性関節症(骨関節炎)です。主に骨と骨とをつなぎ止め、衝撃の吸収緩和や動作の潤滑性を保っている軟骨が摩耗し、骨同士が直接触れ合ったり、衝撃が直接骨にかかるようになることによる痛みや腫れ、熱、こわばり、そして関節の変形などを特徴とする加齢に伴う関節疾患です。
品種にかかわらずどのイヌにも発症する可能性がありますが、特に高齢のイヌや大型犬、そして肥満のイヌに多く発症する傾向があり、歩行困難や活動性の低下、関節部を繰り返し舐める、触れられることを嫌がる、食欲低下といった症状がみられるようになります。

この変形性関節症は、先天性の関節の異常や外傷が原因となって引き起こされるものと、加齢によるものとに分類されています。前者においては、その原因疾患に対する治療により症状の改善が期待できますが、後者では完治させる療法は存在せず、その治療は軟骨の摩耗によってもたらされる症状を緩和しつつ、進行を遅らせることを目的とした対症療法が中心となります。具体的には非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)による患部の痛みや腫れ、熱といった症状の緩和に加え、体重管理や適度な運動などによって低下した関節機能を回復させるリハビリなどを組み合わせて行なう療法が一般的です。しかしながら、最近では軟骨組織の再生を促進するとされているグルコサミンやコンドロイチン硫酸などの栄養素を積極に摂取することが症状の改善に効果的であるとされ、用いられるようになってきています。

コセクインDSは、関節の骨や軟骨組織の形成・再生に必要不可欠とされている栄養素をバランスよく含んだサプリメントです。配合されている成分のうち、グルコサミン塩酸塩やコンドロイチン硫酸は軟骨組織を構成しているプロテオグリカンの構成要素となり、体内におけるその合成能力やその水分保持能力による関節の衝撃吸収作用や弾力性、拡張性といった機能を増強する効果があります。またこのグルコサミン塩酸塩には関節に起こる炎症を抑制し、痛みや腫れなどの症状を緩和する作用もあるとされ、健康な関節の維持には欠かせない栄養素となっています。
さらにコセクインDSには、ムコ多糖類の構成要素となったり、その合成に必要不可欠な酵素を活性化させるマンガンも含まれており、関節の機能の保護に必要とされているこれらの栄養素を効率的に摂取できるとして高い評価を得ています。



使用方法 :
※下記の使用量はコセクインDSのガイドラインです。正確な使用量、使用期間に関しては獣医師の指示に従ってください。

●体重4.5-10.5kg(10-24lbs)の犬*
・使用開始から4-6週間:1日1錠(1/2錠を午前中、残りの1/2錠は午後)
*体重4.5kg(10lbs)未満の犬へは1日1/2錠を投与してください。
・維持療法レベル▲:1/2錠(錠剤には折れ線が入っています)

●体重11-22kg(25-49lbs)の犬
・使用開始から4-6週間:
1日2錠(1錠を午前中、残りの1錠は午後)
・維持療法レベル:1錠

●体重22.5-45kg(50-100lbs)の犬
・使用開始から4-6週間:
1日3錠(2錠を午前中、残りの1錠は午後)
・維持療法レベル:1日1-2錠

●体重45kg(100lbs)の犬
・使用開始から4-6週間:
1日4錠(2錠を午前中、残りの2錠は午後)
・維持療法レベル:1日2錠

一定の効果が認められた場合、維持療法として投与する頻度を1日おきに減らすことも可能です。維持療法レベルでの使用量は、健康な犬の関節保護の目的で長期的に使用することもできます。






  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら