Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

■夏の皮膚疾患特集■(45)

★お買い得商品★(0)

サプリメント(15)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(8)

その他の病気(35)

商品検索 キーワード

シンプリセフ錠200mg (10錠) 【販売終了】

画像を拡大する

ポイント!
シャンプーのしすぎは要注意!かえって逆効果だよ!

FDA(アメリカ食品医薬品局)によって正式に認可されているイヌの膿皮症治療薬。持続性に優れた成分が長時間にわたって作用を発揮するため、1日1回の投薬で充分な効果を発揮します。※10錠ごとに小袋に入れての販売となります※

シンプリセフ錠200mg (10錠) 【販売終了】 
Simplicef - 200mg (10 Tablets)

販売価格(税込) 5280 円
オリジナル商品名 : シンプリセフ
製薬会社名 ゾエティス(Zoetis)
関連カテゴリ :

皮膚の病気

イヌ

皮膚 > 膿皮症

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
膿皮症

商品紹介 :
シンプリセフ錠は、イヌの膿皮症の治療薬として認可されているセフェム系抗生物質です。効果、安全性に優れ、また長時間にわたってその殺菌作用を維持するため、1日1回の投薬で効果が最大限に発揮されるという特長があります。

イヌの疾患として特によく見られるのが、発赤や発疹、かゆみ、そして脱毛などを症状とする皮膚のトラブルで、食物性、または接触性のアレルギー、病原性微生物の繁殖、ノミやダニといった寄生虫の寄生などがその原因として挙げられています。
中でも、皮膚のバリア機能の低下やケガなどによる皮膚の損傷によって、皮膚の常在菌であるブドウ球菌属や連鎖球菌属などの細菌が異常繁殖し、化膿性病変と強いかゆみをを引き起こす膿皮症は、比較的発症率が高いと言われている皮膚疾患です。

膿皮症は細菌性皮膚感染症であるため、治療は抗生物質による細菌の異常繁殖の抑制が基本となりますが、その第一選択薬として広く使用されているのが、1日1回の投与で優れた効果が認められているシンプリセフ錠です。
有効成分のセフポドキシム・プロキセチルはセフェム系抗生物質に属する成分で、細菌独自の構造である細胞壁に損傷を与えることにより殺菌作用を発揮します。また体内にとどまる時間が長く、その作用が長時間継続する上、重篤な副作用の発現率が低いという特長があります。そのため胃酸や耐性菌の産生するβ(ベータ)ラクタマーゼに対しても安定性持つという性質から、グラム陰性菌を含めたより幅広い菌に対して有効性が期待できます。


使用方法 :
※下記はシンプリセフ錠使用のガイドラインです。
正確な使用量、使用期間は獣医師の指示に従ってください。

推奨使用量は体重1kgにつき5-10mgです。
通常、1日1回5-7日間投与します。症状が緩解した後でも2-3日は投与を継続してください。
使用開始から3-4日が経過しても症状の改善が認められない場合には使用を中断してください。

●体重1kgに対し5mgを投与する場合
体重40-60kgのイヌ:1錠
体重60kg以上のイヌ:1・1/2錠(1錠半)

●体重1kgに対し10mgを投与する場合
体重20-30kgのイヌ: 1錠
体重30-40kgのイヌ:1・1/2錠(2錠半)
体重40-60kgのイヌ: 2錠
体重60kg以上のイヌ:3錠