Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(2)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

スタフバン軟膏2% (15g) 【次回入荷未定】

画像を拡大する

ポイント!
治療の遅れによって回復が長引くこともあるよ。疑わしい症状が見られたら早めの受診を心がけてね。

イヌの膿皮症治療薬。経皮吸収に優れた抗菌成分が原因菌の増殖を抑え、皮膚症状や痒みを効果的に緩和します。

スタフバン軟膏2% (15g) 【次回入荷未定】 
Staphban (Mupirocin) - 2% (15g)

販売価格(税込) 1980 円
オリジナル商品名 : ムリシン軟膏、バクトロバン軟膏
製薬会社名 サバ・ベット
関連カテゴリ :

皮膚の病気

イヌ

皮膚 > 膿皮症

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
膿皮症

有効成分名 :
ムピロシン Mupirocin

商品紹介 :
スタフバン軟膏は、イヌにもっともよく見られる皮膚疾患のひとつである膿皮症の治療薬です。膿皮症は皮膚のバリア機能や免疫力の低下、基礎疾患などの要因によって表皮に常在している細菌が異常繁殖し、発赤や発疹、膿胞、かさぶた、脱毛といった病変部が形成され、強い痒みを生じるようになる皮膚疾患です。
一般的には皮膚の浅い部分の感染症である表在性膿皮症であることがほとんどですが、皮膚バリアの低下や病変部のかきむしりなどによって感染が皮膚の深部にまで及んだ場合には、強い痒み、出血、象皮様の皮膚の肥厚、そして発熱や食欲減退などの症状が起こり、回復に時間がかかることもあります。

膿皮症は細菌感染症であるため、その治療には細菌の異常繁殖を抑制する抗生物質が用いられます。しかし膿皮症に効果のあるとされる抗生物質は限られている上、近年ではこれらに耐性を獲得した耐性菌が増えて治療が困難となり、長引く傾向にあります。そのため治療には、広範囲ではなく限られた細菌に対して作用を発揮する抗生物質が望ましいとされています。

スタフバン軟膏の有効成分であるムピロシンは、細菌のたんぱく質合成を阻害することによる抗菌作用を持つ成分です。その機序は合成に必要不可欠な酵素の生成抑制であり、たんぱく質の合成阻害作用を持つほかの抗生物質とはまったく異なることから、耐性を獲得した菌に対しても抗菌効果をもたらします。
さらに経皮吸収が良好で、表在性膿皮症をはじめ深在性膿皮症に対しても効果が期待できるほか、無毒性であるため全身吸収率は無視できるとされています。また既存の抗生物質との間に交叉耐性が認められていないなど効果や安全性に優れているため、アメリカのFDA(食品医薬品局)によってイヌの膿皮症治療薬として承認され、広く使用されています。



使用方法 :
※下記はスタフバン軟膏使用のガイドラインです。実際の使用量や投与は獣医師の指示に基づいて行なってください。

【使用方法】
1.治療前に患部を清潔にします。
2.スタフバン軟膏を1日2回患部に塗布します。
3.患部を覆うのに充分な量を塗布します。
※使用期間が30日を超えないようにしてください。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら