Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(2)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

セバゾールシャンプー(体重5kg以上のイヌ用)(250ml)

画像を拡大する

ポイント!
定期的なスキンケアだけでなく、バランスの取れた食事や適度な運動も大切だよ!

脂漏症治療に効果の認められている薬用シャンプー。過剰な角質の除去と微生物の繁殖抑制作用によって、鱗屑(フケ)の増加や皮膚のベタつき、乾燥といった症状を効果的に改善します。

セバゾールシャンプー(体重5kg以上のイヌ用)(250ml) 
Sebazole Shampoo(250ml)

販売価格(税込) 3670 円
オリジナル商品名 :
製薬会社名 ビルバック・オーストラリア
関連カテゴリ :

皮膚の病気

イヌ

ネコ

皮膚 > 脂漏症

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
脂漏症

商品紹介 :
セバゾールシャンプーは、犬に多く見られる脂漏症の治療に用いられている薬用シャンプーです。過剰な角質や皮脂の除去作用と微生物の繁殖の抑制作用という二つの異なる作用によって、症状を効果的に管理します。

人間と同様、犬や猫の皮膚も古いものと新しく生成されたものが定期的に入れ替わるターンオーバーを繰り返しています。この皮膚のターンオーバーに異常が引き起こされることで発現する皮膚症状のひとつが脂漏症です。
発症原因によって原発性と続発性(二次性)に分類されるほか、発現する症状の特徴によって油性脂漏症と乾性脂漏症に分けられ、鱗屑(フケ)の増加や脂漏臭、皮膚のベタつきや乾燥などの症状が見られるようになります。

また、特に皮脂が過剰に分泌されて表皮が油っぽくベタつくようになる油性脂漏症は、ケラチンや皮脂を栄養分とするマラセチアなどの微生物の繁殖を招きやすく、これにより皮膚炎や外耳炎といった二次感染症の発症を誘発しやすいという性質があることから、早期治療による症状の管理が必要不可欠であるとされています。

この脂漏症の治療に効果を発揮するのが抗脂漏シャンプーのセバゾールシャンプーです。皮膚組織を結合している細胞間基質を溶解して過剰な角質を剥離させる作用のあるサリチル酸ナトリウムに加え、その皮膚への浸透を促進するチオ硫酸ナトリウム、そしてケラチンを好んで増殖する真菌類に対する優れた殺菌作用を持つ抗真菌成分の硝酸エコナゾールのほか、幅広い細菌、真菌類に対して抗菌作用を持つクロロキシレノールが配合されています。これらの成分が、過剰に形成された角質や皮脂の除去と微生物の繁殖の抑制といった相乗作用を発揮することによって、症状を良好な状態に維持する効果をもたらします。

脂漏症の治療はその発症原因によって異なります。発症原因の特定できな原発性脂漏症においては角質を溶解作用のある薬用シャンプーを用いて過剰に形成された角質や皮脂を取り除き、症状の悪化を抑制する対症療法が中心となる一方、内分泌異常、アレルギー、寄生虫や微生物による感染症などを原因とする続発性(二次性)脂漏症に対しては薬用シャンプーによる症状の管理に加えてホルモン剤や抗生物質、抗真菌薬などの投与といったようなそれぞれの原因に対する治療を行なう必要があります。
ただし、いずれにおいても過度なシャンプーは皮膚を保護するために必要な皮脂まで取り除いてしまい、逆に皮膚のバリア機能を損傷してしまうため、適切な頻度で使用することが重要であるとされています。



使用方法 :
※下記はセバゾールシャンプーの使用ガイドラインです。実際の使用は獣医師の指示に従ってください。

ぬるま湯で被毛を完全に濡らした後、セバゾールシャンプーをよく泡立てながらマッサージするように揉み込みます。
5分から10分間の間放置した後、完全に洗い流します。

・1週間に2-3回の頻度で使用します。
・皮膚の角化異常の程度によっては4週間使用を継続する必要があることもあります。また症状によっては毎日使用することも可能です。
・2回使用した後に症状の悪化したり改善が認められない場合には、獣医師に相談してください。




  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら