ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(1)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(11)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(32)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

セーフハート1.25mg(30チュワブル錠)

画像を拡大する

ポイント!
投薬だけでなく、QOLの維持のための食事や生活習慣の改善も大切だよ。

イヌによくみられる拡張性心筋症(DCM)の治療薬。弱っている心機能をサポートし、症状の緩和と延命効果をもたらします。ベトメディンのジェネリック薬。

セーフハート1.25mg(30チュワブル錠) 
Safeheart 1.25 (30 Tablets)

販売価格(税込) 2180 円
オリジナル商品名 : ベトメディン
製薬会社名 サバ・ベット

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
拡張性心筋症 僧帽弁不全症 うっ滞性心不全

商品紹介 :
セーフハートは心臓の収縮力の増強と血管拡張作用を持つ、ピモベンダンを有効成分とするイヌの拡張型心筋症(DCM)治療薬です。心臓の負担を軽減し、症状を緩和することによる延命効果が認められています。

拡張性心筋症とは何らかの要因で心臓の収縮機能が低下し、心臓内に血液がうっ滞することによって心筋が伸びきってしまう疾患です。イヌの中では大型犬に多く発症し、全身の血液循環が悪化するにつれて、元気消失、運動不耐性、突発的な咳、失神などがみられるようになるほか、重度になると腹水、胸水の貯留による呼吸困難、そして不整脈などによる突然死が起こることもあるとされています。

拡張性心筋症が発症する原因については解明されていませんが、比較的高齢の特定品種に多く発症する傾向があることから、加齢や遺伝が誘発要因となっているのではないかと考えられています。さらに初期のうちははっきりとした症状があらわれにくいために早期発見が難しい上、診断された時点では既に症状が進行して予後の悪い状態であることも珍しくはありません。

拡張性心筋症を完治させる治療法は現時点では存在していません。従って低下している心機能を薬剤で増強し、病状の進行を遅らせる対症療法が中心となっています。従来は心筋を収縮させる強心剤や血液循環を改善させる利尿剤、ACE阻害薬などによる単剤あるいは多剤療法が取られてきましたが、1錠で心筋の収縮力の増強と血流改善効果を発揮し、病状の進行を効果的に抑制することを目的として開発された薬がセーフハートです。

有効成分のピモベンダンには、心筋の収縮を増強する作用と血管拡張作用があります。心筋の収縮は筋線維内の収縮たんぱく質が筋小胞体から放出されたカルシウムと結合することによってもたらされますが、ピモベンダンはこの収縮たんぱく質のカルシウムに対する感受性を増強する働きがあり、その結果として心筋の収縮を強める強心作用を発揮します。
またピモベンダンには、心臓や血管平滑筋内に存在し、その収縮/拡張作用を制御しているホスホジエステラーゼIIIという酵素の働きを阻害することによる血管拡張、心筋収縮増強作用が認められています。

ほかの強心作用を持つ薬剤のように、心臓の心拍出量や酸素消費量の増加を引き起こすことなくこれらの作用を発揮することから、セーフハートは心臓に負担をかけず、低下している心機能を効果的に改善する効果が期待できます。




使用方法 :
※下記はセーフハートのガイドラインです。正確な使用量、使用期間は獣医師の指示に従ってください。

通常、イヌの体重1ポンドにつき1日0.23mg(体重1kgにつき0.5mg)を投与します。

・投与はおよそ12時間毎(例:午前、午後)に2回に分けて行ないますが、その際に投与量を等分に分割する必要はありません。
・投与はエサの時間の1時間ほど前に行なうようにしてください。