Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(2)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

ダーマ・スリー・ソフトジェル(中型犬用) (60カプセル)

画像を拡大する

ポイント!
皮膚炎の症状はどれも似たり寄ったりです。普段と違う様子が見られた場合には必ず獣医師の診察を。

健康な皮膚のコンディションを維持するイヌ用サプリメント。配合されている天然の成分がアレルギー反応を強力に抑制しつつ、健康な皮膚の生成を促進します。

ダーマ・スリー・ソフトジェル(中型犬用) (60カプセル) 
Derma-3 Softgels (Medium Breeds) (60 Softgel Caps

販売価格(税込) 3580 円
オリジナル商品名 :
製薬会社名 ソジェバル・ラボラトリーズ

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
スキンケア アレルギー性皮膚炎

商品紹介 :
ダーマ・スリー・ソフトジェルは、イヌの皮膚や被毛の健康維持に優れた効果が認められているイヌ用栄養補助食品(サプリメント)です。通常のエサからでは摂取しにくいオメガ3系脂肪酸やビタミン類を効率的に補充して健やかな皮膚や被毛を維持するほか、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の症状を緩和することによって皮膚トラブルに悩んでいるイヌのQOL(生活の質)を改善する効果があるされています。

皮膚トラブルは動物病院に来院するイヌのうちでももっとも多い疾患のひとつで、ノミやマダニなどの外部寄生虫の寄生、そして細菌、真菌といった明らかな病原体が原因となって発症するものと、体質や飼育環境中の要因が絡み合って発症するものとに分類することができます。
もともと表皮が薄く、さまざまな刺激に対して弱い皮膚を持つイヌにおいては、本来病原性を持たないハウスダスト、カビ、花粉などの抗原(アレルゲン)に対して、遺伝などの要因によって免疫組織が過剰に反応するアレルギー性の皮膚炎や、アレルギー反応を繰り返すことによって皮膚のバリア機能が低下し、症状の増悪を招くアトピー性皮膚炎などが多く見られる傾向があるとされています。

アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎は、アレルギーを起こしやすいという遺伝的要因とアレルゲンとなる物質の存在、そして皮膚のバリア機能の低下などの要因が複雑に絡み合って発症するのであり、ある特定の発症原因によって誘発されるのではないことが知られています。そのためこれらの皮膚疾患を根治させる方法は存在せず、現時点では内服薬によって症状を抑えつつ、食事やシャンプー、そしてサプリメントなどのケアによって症状の良好な状態を保つ対症療法が中心となっています。

このイヌのアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の症状緩和やコントロールに優れた効果があるとされ、主に北米を中心に広く使用されているイヌ用サプリメントがダーマ・スリー・ソフトジェルです。
有効成分として配合されているエイコサペンタエン酸(EPA・イコサペンタエン酸)とドコサヘキサエン酸(DHA)は痒みなどのアレルギー症状を緩和する優れた抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ、皮膚のターンオーバー促進や皮膚の保湿因子となるセラミドの質の向上、そして皮膚粘膜機能の増強などの作用があるとされているオメガ3系必須脂肪酸で、その積極的な摂取は健康的な皮膚の維持に有益であることが認められています。

さらにダーマ・スリー・ソフトジェルには、皮膚粘膜の機能を正常に保ち皮膚の生成を促進するパルミチン酸ビタミンAや、血行改善や抗酸化作用などにより皮膚の免疫力を高めるビタミンE、そして免疫調整作用や抗炎症作用があるとされるビタミンD3なども含まれており、これらの成分が相乗的に作用することによって健康な皮膚の生成と維持が可能となり、治療が難しいとされる皮膚トラブルの症状を良好に維持する効果が期待できます。



使用方法 :
※下記はダーマ・スリー・ソフトジェル使用におけるガイドラインです。実際の使用量や投与は獣医師の指示に基づいて行なってください。

30-60ポンド(13.6-27.2kg)の犬には中型犬用を1日1-2カプセル投与します。

・カプセルのまま投与することもできますが、カプセルの内容物をエサに回しかけて投与することもできます。




  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら