ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2017年01月19日

  • ネコの耳血腫治療


  • コラム出典Cat ear hematoma treatment
    http://www.vetinfo.com/cat-ear-hematoma-treatment.html


    血腫は痛みを伴う症状で、ネコの耳に影響を与えます。ネコの耳血腫は耳の血管が破裂し、皮膚と軟骨の間が血液で満たされ始めることで形成されます。圧迫により耳が腫れることがあり、血管の破裂から数分で形成されます。治療せず放っておくと、一生傷を残す可能性があります。

    耳血種と危険因子
    耳血種は獣医師の間では「耳介血腫」という医療用語で知られています。血腫は動物がかかる耳の病気の中でももっともよくある病気の一つです。この病気は強い痛みを伴い、治療をしないと耳に一生変形が残ります。

    耳血腫は耳の中の血管が裂けたり破裂したりすることで形成されます。血液は耳の皮膚と軟骨の隙間を満たします。腫れるのはとても早く、血腫は血管の破裂から数分で形成されます。耳血腫を患うネコの耳は体液で満たされて膨れ上がり、触ると痛みがあります。

    ネコは何歳であっても耳血腫を発症する可能性があります。一般的に、耳血腫の背景にはしばしば慢性的な耳の感染症やダニ、アレルギーなど、耳を痒くさせる要因が働いています。痒みはネコが頭を振ったり必要以上に耳を掻いたりする原因となり、それが耳の血管を破裂させ、血腫ができるのです。

    ネコの耳血腫の治療
    耳血腫の治療は、発見の早さ、血腫の大きさ、また獣医師の個人的な治療方針によって異なります。

    その治療法はいくつかあります。ある手術では、耳の下部を切開し、溜まった血液を除去して縫合するという術式が行なわれます。術後はケースにより耳に包帯が巻かれることも、巻かれないこともあります。この方法では傷跡はほとんど残らず、腫瘍の再発リスクも極めて低くなります。

    もうひとつの外科的治療の選択肢は、溜まった血液を抜き、包帯の上からさらにテーピングを行ない、時間をかけて治療するという方法です。この方法は傷跡をまったく残さないため、キャットショー用のネコにしばしば適用されます。しかしこの方法では、感染と生涯的な耳の変形を防ぐために、より集中的な術後ケアが必要になります。

    腫瘍が小さい、または古い場合、獣医師は穿刺吸引を行なうこともあります。耳に凝結塊がない場合は、手術なしで血腫を治療することができます。カニューレやドレインなどの排管を耳に付け、血液を逃がすという方法をとる獣医師もいます。

    血腫の手術を行なうと共に、獣医師は血腫の発症の原因となったかもしれない基礎疾患の処置も行なっていきます。

    耳血腫の予防
    血腫は、ネコの耳を外傷から守ることで予防できます。自傷行為は血腫のもっとも一般的な原因です。飼いネコが必要以上に頭を引っ掻いたり何度も頭を振ったりしているのは耳の病気のサインですので、診察を受けさせるようにしましょう。耳の感染症やダニはすべて迅速に治療しましょう。そして飼いネコがアレルギーの兆候を示したら、すぐに獣医のもとを訪れ、治療してもらいましょう。