Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

■夏の皮膚疾患特集■(45)

★お買い得商品★(0)

サプリメント(15)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(8)

その他の病気(35)

商品検索 キーワード

バイトリル・オティック (15mL)

画像を拡大する

ポイント!
使用する前には発症原因の特定を忘れずに。自己判断による使用はしないでね。

イヌの外耳炎治療用点耳薬。優れた殺菌作用を持つ2つの成分が、外耳炎を発症させる微生物の繁殖を効果的に抑えて症状を改善します。

バイトリル・オティック (15mL) 
Baytril Otic (15mL)

販売価格(税込) 4020 円
オリジナル商品名 :
製薬会社名 バイエル・オーストラリア
関連カテゴリ :

耳の病気

感染症

イヌ

> 外耳炎

個  数
     

適応症状 :
外耳炎

商品紹介 :
バイトリル・オティックは、イヌの外耳炎の治療に優れた効果を持つ点耳薬です。発症率が高く、再発を繰り返す傾向のある外耳炎に対する初の外用薬として、アメリカのFDA(食品医薬品局)で認可されました。

人間と同様、イヌの耳は外耳、中耳、そして内耳と呼ばれる部位から成っています。これらのうち耳介から鼓膜までの間が外耳で、この部分に引き起こされる炎症が外耳炎です。発症すると炎症による外耳道の赤みや腫れ、かゆみ、耳垢、悪臭などが現れるようになり、またイヌが脚で耳をしきりに掻いたり、頭を振ったりする様子が見られるようになります。原因にはミミヒゼンダニの寄生、アレルギー、細菌や真菌の異常繁殖などがあり、それぞれの原因に合った治療方法が必要となっています。

バイトリル・オティックは、世界で初めて動物用抗生物質として開発された抗生物質のエンロフロキサシンと、真菌、細菌のどちらに対しても殺菌作用があるとされるスルファジアジン銀を有効成分とする抗菌薬です。外耳道の炎症部へ速やかに浸透し、原因となっている細菌や真菌の繁殖を抑え、外耳炎の諸症状を改善します。また、ステロイド成分を使用していないことから、ステロイド剤の長期的使用において懸念されている副作用の心配がないのも利点です。


使用方法 :
使用前に容器をよく振ります。
イヌの頭を傾けて適切な量を耳の病変部、および外耳道に投薬します。

※使用目安量として
・体重16kg未満のイヌ 1回5-10滴
・体重16kg以上のイヌ 1回10-15滴
1日2回使用し、使用期間は14日間までとします。

投薬した後に耳をやさしくマッサージして成分が外耳道全体に均一に行きわたるようにしてください。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら