ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(1)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(11)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(32)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

ピオダーム・エス薬用シャンプー(250mL)

画像を拡大する

ポイント!
シャンプーのすすぎ残こしは皮膚トラブルの原因。すすぎは丁寧にしっかりとね。

膿皮症、マラセチア皮膚炎の予防に効果的なイヌ用薬用シャンプーです。消毒、殺菌効果のある成分が、イヌの皮膚における病原菌微生物の繁殖を2段階にわたってブロックします。

ピオダーム・エス薬用シャンプー(250mL) 
Pyoderm S Shampoo (250mL)

販売価格(税込) 3810 円
オリジナル商品名 :
製薬会社名 ビルバック

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
膿皮症 皮膚糸状菌症  マラセチア皮膚炎

商品紹介 :
ピオダーム・エス薬用シャンプーは、グルコン酸クロルヘキサジンを有効成分とする、優れた消毒・殺菌効果を持つイヌ専用の薬用シャンプーです。イヌに多く見られる皮膚トラブルの予防、改善に効果を発揮します。

イヌによく見られる膿皮症やマラセチア皮膚炎といったような皮膚トラブルの主な原因は、イヌの皮膚が非常に薄くデリケートであるというところにあります。被毛に覆われたイヌの皮膚は人間の皮膚の約3分の1ほどしかありません。そのため、そのバリア機能も人間と比較すると非常に低く、ほんの些細なきっかけで皮脂の異常な分泌や細菌、カビといった微生物の繁殖を招いてしまうと言われています。
その代表的な皮膚トラブルのひとつが膿皮症です。細菌の一種であるぶどう球菌などが異常繁殖することによってもたらされる化膿性の細菌性感染症で、時として激しいかゆみを伴うフケ、かさぶた、丘疹、膿胞、発赤、環状の病変といった症状が現れます。
一方、マラセチア皮膚炎はカビの一種である真菌によるもので、イヌの皮膚に常在しているマラセチア菌がイヌの皮脂を栄養に増殖することで、全身の痒み、皮膚のべたつき、そして紅斑といった症状をもたらします。

細菌や真菌が原因となる皮膚炎の治療は、原因菌に対する抗菌剤の投与と薬用シャンプーによる洗浄とが基本になります。特に高温多湿の日本では、イヌの被毛が蒸れ、皮脂が皮膚に溜まりやすいことから、皮膚炎の原因となる細菌や真菌が繁殖しやすい環境にあり、特に微生物の繁殖しやすい夏から秋にかけては、適切なシャンプーによって微生物の繁殖を抑えることによる予防も必要とされています。

イヌの皮膚を清潔に保ち、微生物起因による皮膚炎の治療、予防効果を持つのがピオダーム・エス薬用シャンプーです。消毒、抗菌作用のある2種類の成分、すなわちクロルヘキサジンがグルコン酸クロルヘキサジンとして溶液内に、そして酢酸クロルヘキサジンが極微粒の徐放型のカプセル内に配合されたシャンプーで、シャンプー時だけでなく、そしてシャンプー後のイヌの被毛や皮膚を清潔に保つ作用も発揮します。
さらに、徐放型のカプセルからはクロルヘキサジンと同時に天然成分のひとつであるキトサニドが放出され、皮膚の上に被膜を形成して細菌や真菌の皮膚への付着を妨げる作用を発揮することから、長期間にわたって皮膚を清潔に保つことができるとされています。


使用方法 :
※適切な使用量、使用期間に関しては獣医師の指示に従ってください。

使用前に容器をよく振ります。
イヌの被毛を完全に湿らせ、適量のシャンプーをイヌの被毛や皮膚に滴下し、泡立てながらマッサージするようにして洗います。その後10分間、シャンプーがついたままの状態で放置し、成分を被毛や皮膚に浸透させてから、清潔な水で丁寧に洗い落します。

シャンプーの頻度は基本的には獣医師の指示に従うこととされていますが、必要であればシャンプーは1週間に2回行なってください。




  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら