Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

■夏の皮膚疾患特集■(45)

★お買い得商品★(0)

サプリメント(15)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(8)

その他の病気(35)

商品検索 キーワード

フィプロフォート・プラス(体重40-60kgの超大型犬用)(3ピペット)

画像を拡大する

ポイント!
見つけたノミを手でつぶすと卵が飛び散って繁殖の原因になるから絶対にしないでね!

大人気のフロントライン・プラスのジェリック!低価格ながらノミやマダニに対する効果はフロントラインと同等!

フィプロフォート・プラス(体重40-60kgの超大型犬用)(3ピペット) 
Fiprofort Plus(Extra Large dog 40-60k) (4.02mLx 3)

販売価格(税込) 2380 円
オリジナル商品名 : フロントライン・プラス
製薬会社名 サバ・ベット
個  数
     

適応症状 :
外部寄生虫(ノミ・マダニ)

商品紹介 :
フィプロフォート・プラスは、イヌに寄生して激しいかゆみを引き起こすノミやマダニの繁殖を抑制するフロントライン・プラスのジェネリックです。成虫だけではなく卵、幼虫、さなぎにまでその殺虫作用がおよぶため、ノミの繁殖の抑制やマダニの寄生予防に高い効果が認められています。

イヌに見られる皮膚疾患の中でも最も被害が大きいものは、吸血動物のノミやマダニなどの寄生によるものです。吸血によるかゆみやアレルギーといった皮膚症状を引き起こすだけでなく、条虫症やバベシア症、リケッチア症などの媒介、そして大量寄生による貧血などを引き起こすことが知られているほか、動物から飼い主にその弊害がおよぶことも珍しくはありません。
これらの吸血動物のうちノミは、その驚異的な繁殖力に加えて成長段階ごとに異なる薬剤耐性を持つという性質から、寄生後の完全駆除は困難です。またマダニにおいては死に至る危険性もあるバベシア症をはじめ各種リケッチア症、ライム病などさまざまな感染症の媒介に関与するおそれがあることから、吸血動物の寄生と繁殖、そして再寄生をどのように予防、抑制するかは常にイヌやネコの飼い主を悩ませてきました。

これらの吸血動物の駆除や予防対策として市販のノミ取り首輪やノミ取りシャンプーといった製品が従来から用いられてきましたが、いずれも望むような効果が得られにくく、また効果が継続しないといった問題点がありました。さらに、成虫以外は動物の体から離れて生息し、その成長段階によって物理的化学的作用に異なる耐性を発揮するノミにおいては1、1種類の殺虫剤ではその複雑なライフサイクルを断ち切ることができず、生活環境におけるノミの繁殖と再寄生を抑制することが不可能となっていました。

動物の体表からこれらのノミ、マダニに対する殺虫成分を浸透させて皮脂腺から徐々に放出させることで優れた殺虫効果発揮するほか、卵、幼虫、さなぎといった未成虫の成長を阻害してノミのライフサイクルを切断することによる繁殖抑制効果を長期的にもたらす駆虫剤として登場したのがスポット・オン製剤のフロントライン・プラスです。
優れた効果に加えて1ヵ月に1回少量を首の後ろに垂らすだけという使いやすさ、そして安全性も兼ね備えているとされ、現在ではノミ、マダニ駆虫の第一選択薬となっていますが、ほかのノミ、マダニ対策製品と比べてコスト高となるため、特に多頭飼いの飼い主を中心に、同一効果ながらもコストを抑えたジェネリック商品を求める声が上がっていました。

高い駆虫効果と低価格で飼い主の期待に応える商品がフィプロフォート・プラスです。成虫に対する殺虫効果を持つフィプロニルと昆虫成長制御在であるS-メトプレンがフロントライン・プラスと同量、同比率で含まれており、同等の効果効能を発揮します。またジェネリック商品であるためコストが低く抑えられており、効果の面だけでなく、コストの面でも優れた商品として人気の高い商品となっています。


使用方法 :
※下記に記載されている内容はフィプロフォート・プラスの使用量・使用方法のガイドラインです。正確な使用に関しては獣医師の指示に従ってください。

1.ピペットの先を切れ込み線にそってポキンと折ってください。
2.犬の首の後ろ、肩胛骨の間の毛を皮膚が見えるまで分けてください。
3.ピペットの先を皮膚に押し付け、そっとピペットを押して溶液を1-2ヵ所に完全に押し出してください。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら