Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(2)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

フロントラインスプレー (100ml)

画像を拡大する

ポイント!
ノミは飼育環境中で繁殖します。掃除をこまめに行ない清潔な飼育環境を保つ努力を忘れずにね!

即効性、持続性共に優れたフロントラインのスプレータイプ。スプレー後24時間以内に体表に寄生している寄生虫を駆除します。また皮膚から吸収された成分が皮脂腺から徐々に放出され、スプレー後の寄生も予防します。

フロントラインスプレー (100ml) 
Frontline Spray (100mL)

販売価格(税込) 2180 円
オリジナル商品名 : フロントラインスプレー
製薬会社名 メリアル

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
外部寄生虫(ノミ・マダニ)

商品紹介 :
イヌやネコの体表に寄生するノミやマダニ、そしてシラミなどの駆虫薬・フロントラインのスプレータイプです。噴霧された有効成分が皮膚や被毛の広い範囲に直接付着して即効的な殺虫作用を発揮する上、皮膚から吸収された成分が時間の経過と共に皮脂腺から徐々に放出されるため、持続性も持ち合わせているのが特長です。

イヌやネコの飼育において、飼い主や動物の悩みのひとつがノミの寄生です。吸血時に強いかゆみを引き起こしてイヌやネコが皮膚を掻き壊す原因となるほか、ノミアレルギー性皮膚炎や条虫感染症などの要因にもなることが知られています。またその卵がまき散らされて生活環境が汚染されるため、繁殖の抑制が容易ではありません。さらに同居している動物や飼い主にまで被害が広がることも珍しくないことから、いかにこのノミの寄生を繁殖前に阻害するかが非常に重要です。

マダニは、寄生によってバベシア症やライム病、リケッチアをはじめとしたさまざまな病気を媒介するおそれがある寄生虫です。これらの疾患を媒介される可能性は、寄生後48時間以内にマダニを駆虫することで抑えることができるとされているため、寄生後の早急な駆虫が必要不可欠です。
ノミの駆虫に優れた効果が認められ、さらにマダニなどの外部寄生虫を駆除する薬がフロントラインです。フロントライン・スプレーは動物の全身に直接噴霧するため、有効成分であるフィプロニルが皮膚や被毛に寄生している寄生虫に直接接触しその作用を発揮します。そのため使用後24時間以内には体表に寄生しているノミやマダニを駆除することができるとされており、スポット・オンタイプと比較すると即効性に優れている点が最大の特長となっています。

同時に、皮膚から吸収された成分が全身の皮脂層に蓄積されて皮脂腺から徐々に放出されることから、スプレー液の乾燥後にはスポット・オンタイプと同様にその駆虫効果が1カ月間継続します。
さらにフィプロニルの毒性は害虫にのみ選択的に発揮されるために安全性も高く、妊娠中のイヌ・ネコ、そして生後2日以降の子イヌや子ネコに対しても安心して使用することができます。


使用方法 :
※下記に記載されている内容はフロントラインスプレーの使用量・使用方法のガイドラインです。正確な使用に関しては獣医師の指示に従ってください。

1回の使用量:
基本的に、体重1kgにつき3-6ml(6-12プッシュ)をイヌやネコの体表から10-20cm離れた場所からスプレーします。

●以下に該当する場合は、体重1kgにつき6プッシュをスプレーします。
*短毛あるいは細い毛のイヌやネコ
*軽度のノミの寄生
*皮膚のコンディションが健康

●以下に該当する場合には体重1kgにつき9プッシュをスプレーします。
*短毛あるいは被毛が厚めのイヌやネコ
*中度のノミの寄生

●以下に該当する場合には体重1kgにつき12プッシュをスプレーします。
*長毛あるいは厚い被毛のイヌやネコ
*重度のノミの寄生
*ノミアレルギー性皮膚炎
*マダニの駆除

・通気性のいい場所で使用してください。
・使用時はラテックス手袋を着用してください。
・スプレーしやすいように動物を押さえてスプレーしてください。
・被毛を逆立てて被毛の根元に向け、被毛が湿るまでスプレーしてください。
・左右両脇、背部、頭部、腹部のすべてにスプレーしてください。

※可燃性のため、火気には近づけないようにしてください。





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら