ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2013年10月11日

  • ペットにおける秋のアレルギー対策


  • コラム出典:Alt MD
    http://www.altmd.com/Articles/How-to-Help-Your-Pets-Autumn-Allergies


    秋になり、澄んだ空気の中をイヌと散歩しながら落ち葉を蹴り上げたり、1-2ブロックの短距離を走ったり、隣人と近況報告することにすがすがしさが感じられるようになりました。ところが家に帰った途端、特別な体調不良は感じていないにもかかわらず、くしゃみが出たり、喉がゼイゼイと音を立てていることがあります。また愛犬の目も潤んでおり、頻繁に前足で鼻をこすったり、地面に耳をこすりつけていることも…。

    イヌも飼い主と同様に、また場合によっては飼い主以上に、秋のアレルギーにかかりやすい傾向があります。それはイヌの方がより腐食土や白カビ、ブタクサの花粉など、最も晴れわたってすがすがしい青空の日でさえあなたやイヌを悩ませる原因となる物質に接触しやすいからです。

    イヌのアレルギーをプレドニゾンなどのステロイド薬を用いて集中的に治療する方法はありますが、それらには重篤な副作用がつきものであるため、安易に使用されるべきではありません。確かに集中的な治療によって短期的には優れた効果がもたらされます。しかし長期的な使用によって取り返しのつかない状況に陥る可能性があります。もし、かかりつけの獣医師がステロイド薬を処方した場合には、ステロイド薬についての知識を得て、獣医師に詳細を確認し、治療中はイヌの容態を慎重に観察するようにしましょう。薬剤による治療は最終手段であることを覚えておいてください!

    あなたのイヌのアレルギーが季節性のものであるならば、外出後に丁寧にブラッシングをすることで被毛についたアレルゲンとなる花粉や胞子を取り除き、イヌの顔や耳の中をお湯と清潔な布で拭き取るといった簡単で安全な方法で、症状の緩和や管理をすることが可能でしょう。オートミールを成分とする低刺激で保湿性のあるシャンプーを用いて通常よりも頻繁にシャンプーをし、洗浄後にシャンプーを完全に洗い流すようにするだけで、アレルギーの季節が過ぎるまでアレルギーの症状を効果的に抑制できることもあります。また、単にアレルゲンとなる物質を避けることもできます。花粉の飛散は通常5時から10時を中心とした午前中が最も多いとされています。刈り取られていない芝生や丈の高い雑草を避けるようにするほか、空気中に飛散している花粉が雨によって落ちている雨上がり直後に散歩をするのもよいでしょう。

    また薬草による治療も試してみる価値はあります。ゴボウ、タンポポ、イエロードッグなど(イヌがこれらの薬草に対して過敏症反応がない限り)は、ほとんどのイヌに対して安全に使用することが可能であり、花粉やカビを含めた有害物質を血中や血液をろ過する組織から除去することによって、組織にかかる負担を軽減し、アレルゲンに対する過敏性を低下させる効果があるとされています。また抗酸化物質には有害物質を組織から除去する作用があり、プロバイオティックには腸管における有益な細菌叢を制御し、本来繁殖すべきでないイースト菌などに対する殺菌効果を高める作用があります。全身におけるイースト菌の繁殖はアレルギーとして現れることがあるほか、軽度の感染であってもアレルゲンに対する過敏性を高め、従来であればアレルゲンとならないような物質によるアレルギーを引き起こすことがあります。

    古くからイヌや飼い主に対して効果があるとされるものが、近所のマーケットで見つけることのできる生ハチミツです。野外の農産物市場や、近場に養蜂場がないか探してみましょう。最低でもあなたの居住地域から半径50マイル以内で製造された生ハチミツを入手することが好ましいでしょう。

    生ハチミツによる療法の目的は、あなたとイヌの花粉に対する過敏性を徐々に低下させることです。毎日スプーン1杯を食べてみて、それに応じてイヌに与える量を判断してください。生ハチミツはビタミンをはじめとした栄養素に富んでいるため、人間や動物の健康維持に役立ちます。ただし子犬や赤ん坊には与えないでください。これは、生ハチミツに生息している細菌に対する免疫力が子犬や赤ん坊に備わっていないことによります。

    清潔な水を多く飲むことは、体内の洗浄に役立ちます。

    深刻なアレルギー症状には迅速に対応する必要があります。常備薬としてベナドリルを備えておき、いざという時にどれだけの量を与えるべきかを獣医師と確認しておきましょう。また獣医師によって指示された使用量や使用方法を書き留めておき、緊急の対応が必要とされるときに迷わず適切な方法がとれるようにしておいてください。

    さらに、かゆみは単なるかゆみにすぎないこともあり、引っかくだけで充分な場合もあることも覚えておいてくださいね。

    上記はwww.pet-super-store.comのジョン・ウエインスライトによる記事です。