ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2015年02月25日

  • ペットもアレルギーにかかる


  • コラム出典: Pets Have Allergies Too
    http://vetmed.illinois.edu/pet_column/pets-allergies/


    ペットにみられるアレルギー反応の多くは、皮膚問題としてあらわれます。

    人間と同じように、ペットもアレルギーにかかる可能性があります。アーバナにあるイリノイ大学獣医教育病院のプライマリーケア獣医であるゲリー・ブルンメット医師は、ペットのアレルギーの多くは、花粉、カビ胞子、ハウスダスト、ダニが原因だといいます。

    「ペットの免疫系統は無害だと思われるものに対して過剰反応を示します」とブルンメット医師。「いちばん最初の接触ではアレルギー反応は示しませんが、二度目やそれ以降で免疫系統は不適切なほど強い反応が始まるのです」。

    アレルギーにかかりやすい種類もいます。例えば犬では、ウエスティ(ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア)、ラブラドールレトリバー、ダルメシアン、ドールデンレトリバー、ボクサーなどです。しかしながら、種類に関係なく、どんな犬でもアレルギーになる可能性があり、中でも生後6ヵ月から4歳までの子犬に多くみられる傾向があります。猫においては、アレルギーにかかりやすい種類などは特にありません。

    環境アレルギーに加え、動物のアレルギー反応には食べ物や真菌、ノミやダニなどの寄生虫によるアレルギーもあります。

    ペットにアレルギーがあるかどうかを飼い主が知る方法は?ペットのアレルギーの多くは、皮膚問題としてあらわれます、と語るのはブルンメット医師。顔のむくみ、皮膚のじんましんや腫れものなど、アレルギー反応はすぐにあらわれます。一般的にアレルギーのあるペットは足を掻いたりなめたり、皮膚の赤みや病変がみられます。

    獣医がアレルギーの種類を判断すると、症状を緩和するために適切な治療が行なわれます。「環境アレルギーは詳細な病歴や血清、皮膚検査に従って診断します」とブルンメット医師は言います。「この方法によって獣医は、ペットが何に接触し、そしてその環境がペットにアレルギーを起こしたのかどうかの手がかりを入手するのです」。

    現在のところ食品アレルギーに関する最適な検査はありません。食品アレルギーを排除するには、獣医師が慎重に低アレルギー食品を処方します。これらの特別食品には炭水化物、また市販の食品では一般的でないダック、ヒツジ、カンガルー肉などのたんぱく質が含まれます。この処方食を8週間試すことが推奨されており、これにより何か症状の改善がみられるかどうかをみます。

    環境アレルギーの治療は、ペットがアレルギーを引き起こす対象に則したアレルギー注射を含みます。自然の寄生虫(ノミやダニ)がアレルギーの原因である場合は、治療の中心は寄生虫となります。

    ブルンメット医師はアレルギーの原因を排除することは難しく、特にそれが何であるか見出せない場合はなおさらだ、といいます。特殊フィルターはハウスダストや空気中のアレルゲンの減少に役立ちます。また皮膚に不快感を引き起こす何かがある場合は沐浴も有効です。

    もしペットにアレルギーの疑いがある場合は獣医師の診断を受けさせて、不快な症状を和らげてあげてください、とブルンメット医師は推奨しています。

    ペットのアレルギーについてさらに詳しく知りたい場合は、かかりつけの獣医師にお尋ねください。