ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2016年06月15日

  • ペット用薬用シャンプー


  • コラム出典: Medicated Pet Shampoo Products
    http://www.vetinfo.com/medicated-pet-shampoo-products.html



    ペット用の薬用シャンプーは、ペットのアレルギーや皮膚感染症の悩みを和らげてくれます。獣医師はよく薬用シャンプーを処方しますが、市販の薬用シャンプーでも効果のあるものがたくさんあります。ペットが皮膚アレルギーや感染症にかかっていたり、通常のペット用シャンプーが合わなかった場合には、症状を軽くする薬用シャンプーを試してみてください。

    クロルヘキシダーム(Chlorhexiderm)
    クロルヘキシダームシャンプーは、皮膚に棲む微生物を殺す殺菌性、抗菌性の薬用シャンプーです。

    ケラトラックス(Keratolux)
    ケラトラックスはスフェルライト含有シャンプーで、イヌとネコのある種の皮膚疾患に伴う鱗屑、痂皮、余分な皮脂を取り除きます。

    ケトクロール(Ketochlor)
    ケトクロールは、グルコン酸クロルヘキシジンの力でさまざまな皮膚炎に伴う真菌性ならびに細菌性の皮膚感染症を抑制します。

    アロエベラ入りコルチケアヒドロコルチゾン・シャンプー(Corti-Care Hydrocortisone Shampoo):このシャンプーの主成分はコルチゾンです。急性湿疹、ノミ、または虫刺されによる皮膚の軽い刺激症状を和らげます。アレルギー用のものには、フケの生成を抑える成分が入っており、皮膚のアレルゲンを減らします。

    マラセブ(Malaseb)
    マラセブは抗菌性、抗真菌性のシャンプーでイヌ、ネコ、ウマの皮膚感染症治療に使います。活性成分は硝酸ミコナゾールとグルコン酸クロルヘキシジンで、鱗屑を取り除き、ペットに皮膚感染症を引き起こす微生物を殺します。

    ニューサルT(Nusal-T)
    この薬用シャンプーは、虫刺され、日焼け、イボ、脂漏症、細菌感染、落屑、そのほかの皮膚炎も含め、ほぼどんなかゆみや皮膚症状もすっかり消してくれます。毎週使っても構いません。

    パイオベン(Pyoben)
    パイオベンは抗菌性のシャンプーです。ペットの皮膚深部の感染症を治療するための特別な配合になっています。スフェルライトが入っているため、獣医師の処方箋がなければ買えません。

    セボラックス(Sebolux)
    セボラックスシャンプーは硫黄とサリチル酸により、あらゆる年齢のイヌとネコの脂漏症や鱗屑、イボ、そのほかの皮膚炎を軽快させます。セボラックスもスフェルライトを含有しており、有効成分をゆっくり放出するため使用後何日も効果が持続します。

    サルフォディーン(Sulfodene)
    硫黄を使ったシャンプーとコンディショナーです。硫黄はかゆみを抑える成分として推奨されており、乾燥して炎症を起こしたイヌの皮膚を剥離させ、皮膚を取り除く作用があります。この製品は刺激が強いためネコにはお推めできませんが、イヌなら定期的に使用しても構いません。

    サルフオキシデックス(SulfOxyDex)
    硫黄と過酸化ベンゾイルを配合しているのはこのシャンプーだけです。過酸化ベンゾイルには抗菌作用、余分な皮脂を取り除く作用、角質溶解作用と脂溶化作用があり、感染を抑え、角栓を除去します。乳酸ナトリウムも入っているので皮膚と毛に潤いを与え、健やかに保ちます。

    購入できる薬用シャンプーには多くの種類があり、ペットの皮膚感染症を治療するためにいずれもさまざまな有効成分を組合せています。主としてイヌの症状に基づいてシャンプーを選びます。

    イヌのアレルギーは多様な続発症状をよく起こします。例えば、真菌や細菌の感染症、脂漏症、皮膚病変、乾燥肌や落屑・鱗屑などです。上に挙げた薬用シャンプーはいずれもこれらの症状すべて、あるいは一部に効果があります。症状を消すだけでなく、皮膚の健康を増進してくれるものまであります。どれを選んでいいのかわからない場合は、獣医師に相談してください。処方箋がなければ購入できない商品もあります。