Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(0)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(11)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(32)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

ルプラック 4mg (100錠)【入荷予定なし】

画像を拡大する

ポイント!
投薬と並んで重要なのが食事の管理。塩分や脂肪分の多い食事は控えるようにね!

1日1回の投与で優れた利尿効果を発揮。体内の余分な水分を排泄することによって、うっ血性心不全や全身浮腫の症状を効果的に緩和します。

ルプラック 4mg (100錠)【入荷予定なし】 
Luprac 4mg (100 Tablets)

販売価格(税込) 7680 円
オリジナル商品名 : ルプラック
製薬会社名 田辺三菱製薬

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

適応症状 :
うっ血性心不全 肺水種

有効成分名 :
トラセミド Torsemide

商品紹介 :
ルプラックは、尿量を増加して体内の余分な水分を排泄する働きを持つ利尿剤です。循環血液量の増加によって起こる全身性の浮腫や肺水腫、そしてうっ血性心不全の症状の緩和などに効果が認められています。

イヌの寿命が長くなるにつれ、増加している疾患のひとつが心臓病です。中には先天性の心奇形やフィラリアの寄生などによるものもありますが、その多くが加齢に伴う弁膜症や僧帽弁不全症といった後天性の心機能障害を原因とするものであり、進行に合わせて元気がなくなる、寝てばかりいる、空咳をする、疲れやすい、動きたがらない、などの症状がみられるようになります。早期のうちに的確な療法が行なわれれば、症状を緩和して進行を遅らせることで延命が可能とされていますが、実際には目立った症状があらわれないことから発見が遅れがちとなり、肺水腫や合併症の併発などによって死に至ることもあります。

イヌの心臓病の治療は症状によって異なりますが、通常は投薬で心臓の負担を軽減し、症状の進行を遅らせることによる内科療法が一般的となっています。治療には心機能低下の程度や症状に応じてさまざまな薬剤が利用されますが、中でも使用される頻度が高いのが、尿量を増加することによって循環血液量を減少させ、心臓の負担を軽くする効果を持つ利尿薬です。

ルプラックは、イヌの心臓病治療薬として一般的に使用されているループ利尿薬です。有効成分のトラセミドは、類似薬のフロセミドよりも高く安定した生体利用率が認められている成分で、少量でフロセミドの数倍という強力な利尿作用を発揮します。またフロセミドと比較して効果の発現時間が速く、長時間継続することから、1日1回の投薬でその効果を発揮します。
さらにトラセミドは、ループ利尿薬の使用における副作用である低カリウム血症を引き起こしにくい上、心筋の線維化やリモデリングを抑制する心保護効果などもあるとされていることから、イヌのうっ血性心不全や浮腫の治療に効果を発揮します。


使用方法 :
※ルプラックは動物用医薬品としても使用されている人間用医薬品です。実際の使用に関してはかかりつけの獣医師に確認し、指示に基づいた量を使用してください。※

一般的に、体重1kgにつき0.2mgあるいはフロセミド投与量の1/10を1日1回経口投与させます。

・利尿剤による治療は症状の改善が認められた時点で中断、または獣医師の指示に基づく使用量による維持療法に切り替えることが推奨されています。