ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2016年03月02日

  • 助けて!ネコちゃんの皮膚が大変②


  • どのように皮膚疾患と診断されるのか?

    適切な診断を受けるには、獣医への相談が必要です。皮膚疾患との診断を下すためにも、飼い主が知っている限りのあらゆる徴候、それがどれくらい継続しているか、そしてペットに生活スタイルの変化がみられた場合は、獣医はそれも知る必要があります。ネコを検査し、そしてあなたが話した徴候を気に留めておくことでしょう。このことは、考えられる原因を特定するための適切な検査を行なう助けになります。

    獣医は診断を下すために以下のような検査をするでしょう。
    • 被毛検査およびブラッシング
    • 顕微鏡による毛、皮膚サンプルの検査
    • 真菌、細菌サンプルの培養
    • 皮膚またはかさぶたの生検分析
    • 血液検査

    ネコの皮膚疾患の治療法は?

    診断が終わると、獣医は主な原因の治療や、かゆみや皮膚の不快感を緩和させる助けとなる組み合わせ治療を行なうでしょう。場合により皮膚疾患は治癒しないことがありますが、治療によって管理することができます。ネコにとって何をすればいいかの助言もしてくれるでしょう。例えネコの様子が改善され始めたとしても、与えられた指示を守り、言われたとおりの治療を完全に終了させることが重要です。

    一度診察を受けさせれば、将来あなた自身で予防できる問題や、長期間の管理が必要になった場合(本当に皮膚問題なのか、または潜在的な原因であるかに関わらず)、必要な薬は動物病院、ペットショップ、雑貨店、薬局などで購入することができるかもしれません。しかし、もし何か気になることが起こった場合に必ず医師に相談するようにすれば、常にネコの皮膚を健康に保つことができるでしょう。

    どうすればネコの皮膚疾患を予防できる?

    すべての皮膚疾患を予防できるわけではありませんが、そのためにあなたができることはたくさんあり、ネコに症状が発症して不快感を引き起こす前に、早めに取り除くようにしてください。

    • 皮膚の全体チェックを楽しい日課にしましょう。毛の中にできものや腫れもの、もつれなどがないか体をくまなく触ってみてください。毎日の世話にグルーミングを取り込んでください。例えば、テレビの前で一緒にくつろいでいるときなどがいいかもしれません。皮膚のシミの問題については、早めの治療がしばしば効果的です。
    • 去勢 - 多くの健康をネコにもたらすのと同様、去勢は皮膚の損傷や感染のもっとも一般的な原因であるネコ同士のケンカの可能性を減少させる助けになるでしょう。
    • ノミ防止のための年間を通じた定期的なノミ治療 – 効果的な管理をするためにもあなたのネコだけでなく、イヌなど家で飼っているノミのつく可能性のあるペットに対しても治療をほどこすことが必要です。どの商品が使用に適しているのか、また効果的な使用方法を獣医やペットケアの専門家に相談してください。推奨ラベルに沿って定期的に使用し、また家の中をノミのいない環境にすることも忘れないでください。ノミはその生涯のほとんどをその宿主と共にするため、多くの場合において家庭療法が必要になることもあります。イヌ用のノミ商品はネコに対して絶対に使用しないでください。イヌ用のノミ治療はネコに対しては有害であることがあります。
    • ネコの必要な栄養すべてが含まれている栄養バランスのとれたエサを与え、また獣医から勧められた場合は、ネコにとって必要性または耐性(もしあなたのネコがハンターであり、または近所の家でおやつを食べるほど大食いの場合は難しいですが)があるため、特定の食事、漢方、栄養サプリメントを与えます。
    • 正規の商品を指示どおりに使用して寄生虫治療を行ないましょう。獣医やペットケア専門家に相談して、自分のネコにはどの商品、または療法が最適かを聞いてください。正規商品は、動物病院、ペットショップ、雑貨店、薬局などで購入できます。
    • ストレスはさまざまな健康問題の原因となり、症状を亢進させます。ですからできるだけネコにとってストレスにならない環境をつくることが重要です。ネコは家の中で安全で護られていると感じることが必要で、しばしば自分だけの場所を必要としています。ですから子供、人、ほかのネコやイヌなどストレスの原因から距離を置きます。また騒音や障害から離れた場所での睡眠、食事、排泄が必要で、砂箱に近い場所にエサや水入れを置くことを好みません。さらに花火シーズンやクリスマスなど、年に何度かの私たちにとって楽しい出来事は、ネコにとっては特にストレスが溜まります。もしネコに対する気遣いが原因でストレスを感じるようであれば、獣医または行動学者に相談してみてください。どうすれば問題を予防できるかを勧めてくれます。