ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2014年09月01日

  • 子犬から敬意を得るには


  • コラム出典: How to Get Your Puppy to Respect You
    http://pets.thenest.com/puppy-respect-11498.html



    犬がまだ小さいうちにあなたを尊重しなかった場合、成長するまで犬は自分が家の中でいちばんの存在だと思うことがあります。そして散歩に連れて行ったりエサを与えるようにねだり、さらにあなたのベッドで寝るようになるでしょう。このような事態を避けるために、犬は飼い主よりも下の存在であり平等ではないということを子犬のうちにしつけてください。

    罰とごほうび
    まず犬は、集団の中で1匹だけがリーダーになれる、または群れのリーダーは1匹だけという社会体系で生きているのだということを理解してください。犬を家に連れて来たときは、飼い主がすぐにリーダーシップを取ってください。さもなければ犬が握ることになります。犬が無作法な振る舞いをしたときはいつでも非暴力的な方法で叱りつけ、反対によく言うことを聞いた場合はたっぷりごほうびを与えてください。この行為はあなたがボスであることを犬に理解させます。犬に対して控え目な態度に出たり、命令に従わなかったときに罰を与えない、などの行為は避けてください。自信と威厳を持てば、犬はあなたを主人としてみなすことでしょう。

    口で伝える
    あなたの手にかじりつく、噛む、歯を立てるなどの行為をかわいいと思うのなら、もう一度考え直してください。このような行為を許すことは、犬がボスで、あなたがその従属というメッセージを犬語で伝えていることになります。さらに犬が成長したときにこの噛む行為が深刻な傷害を与えることがあります。あなたが主人であることを示すためにも、犬が噛む前にその行為をやめまさせましょう。首筋の皮をつまみ、目をしっかり見つめて「ダメ」と言います。一貫してこの行為を続ければやがて、口で伝えられている時は何か許されない行為をしたときだ、ということと、あなたがボスであるというメッセージを理解することでしょう。

    許可
    毎日の課題をこなす前にあなたの許可が出るまで待つ、という行為を教えることは、あなたをリーダーだと思わせることになります。服従訓練は、犬にあなたがさせたいことが何であるのかを教えることができます。例えば、散歩に行く場合にはすぐに外に飛び出すのではなく、まずドアの近くに「座らせ」、あなたがドアを開けて外に出てから犬に後を付いてこさせるように教えましょう。食事や遊びなど毎日の課題の中でも、まずあなたの許可が出るまで座って待つ、という行為を取り入れてください。なお家族全員が同じ考えを持つことを忘れないでください。

    日常活動
    日常活動は、自分自身は管理されている、と犬に信じ込ませることができます。もし犬が自分よりも先にドアを出入りすることを許せば、あなたが犬の従者だと思わせてしまいます。また、ソファに座らせたりあなたのベッドで寝るのを許すことも、間違ったメッセージを伝えることになります。もしあなたが座っていたり横になっていたときに犬が上に乗ってこようとした場合は、すぐに叱りつけてください。なぜなら、あなたの上に立つ行為を許すことは、犬の立場が上だと思わせてしまうからです。また食事は犬よりも先に済ませてください。犬の世界ではリーダーが先に食べます。