ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2014年01月20日

  • 家族がペットを受け入れるために必要なポイント
    あなたとあなたの子供たちは、ペットを家族の一員として受け入れる準備ができているでしょうか?


  • コラム出典:Care.com
    http://www.care.com/child-care-10-signs-your-family-is-ready-for-a-pet-p1017-q34098719.html


    ペットは生活を豊かにする可能性がありますが、あなた自身、そして家族に受け入れ準備ができているかどうかを知ることは簡単ではありません。親として、自分の子供がその段階にあるかどうかを判断する参考として、私はアメリカン・ケンネル・クラブのスポークスマンのジーナ・ディナード、全米人道協会のペットケアに関する責任者であるKC・タイザー、『Good Enough Parenting』の作者リースル・フェア、『Living with Kids and Dogs ... Without Losing Your Mind』の作者コリーン・ケラーに意見を聞きました。

    下記に挙げるポイントは、これらの人々がペットを飼う前の心構えとして提案したものです。

    1. 子供が動物の近くにいることを嫌がらないこと
    ペットを飼うことは動物に対する恐怖心を改善することにはなりません。「動物を怖がる子供は、動物に対してすべきではない行動をとってしまう傾向があります」とタイゼンは話します。ペットを飼う前に、まず自分の子供が動物に対する警戒心を解くように心がけましょう。アニマル・シェルターを訪問したり、知人の飼っているペットに慣れさせるのもひとつの方法です。また子犬よりも老犬といったように、おとなしい動物に接することから始めましょう。

    「中にはわけもなく動物を恐れる子供もいます。そのような場合、親が無理やり動物に触れることや一緒に遊ぶことを強要してはなりません。まず大人がどのように交流しているかを見せるようにし、子供自らが徐々に恐怖心をなくすように導いてください」とフェアはアドバイスしています。

    2. 子供が動物を尊重すること
    例えば無理やり引っ張ったり、殴ったりしてはいけないなど、動物に対する適切な行動を子供たちが理解し、尊重しなくてはなりません。触れる時は愛情を持ってそっと触れるようにし、食事中に邪魔をしてはいけません。子供がペットと遊びたい時がいつでも適切な時であるとは限らず、子供自らがペットから離れる必要のあるタイミングを認識することが大切です。

    3. 家族の手助けができること
    子供に皿洗い機の中の皿を取り出したり、食事のために食器を並べたりするように指示した時、それに素直に従っていますか?もし自分の役割に対して責任を持ってこなせているようであれば、ペットの世話の手助けもできる可能性が高いでしょう。

    4. 大人に言われる前に歯磨きができること
    大人に言われなくても子供が毎日歯磨きができるということは発育の程度を表し、ペットの世話をする準備ができている事を示すものである、とフェアは言っています。

    「もし子供が中心となってペットの世話をする場合は、少なくとも10歳、あるいは13歳以上になるまで待つことが賢明でしょう」とディナードは話します。「10歳以下ではペットの世話の手助けをすることはできますが、散歩や調教といったペットの世話において重要となる事柄をすることができないからです」。

    また、ペットの世話をしている子供が何歳であろうと、彼らがどのようにその役割を果たしているかをチェックし、充分に果たせていない場合には大人が責任を持って世話をすることも大切です。

    5. 子供がペットを飼うということに本気で同意していること
    長い間ペットと共に生活するということを子供が深刻に捉えているかどうか確認してください。ペットを飼うことが一時的な関心なのか、それとも長期的な義務となることを踏まえてのことなのかを判断する必要があります。それはタイゼンが言っているように「目新しさはいずれなくなるものである」からです。

    6. 子供が飼いたがっているペットが、家族全員にとって適切であること
    ペットとなる生き物のすべてが家族全員にとって適切ではないということを子供たちは理解しなくてはなりません。ペラーによると、生き物のすべてに快適な生活環境が提供される必要がありますが、中には生活環境を満たすための要求がほかと比べて高いものもいます。従って、ペットとして飼育するのにどの動物があなたの生活時間や居住環境に適しているかを見極めるようにしてください。ちなみにペットとして飼育する上で最も時間を必要とするものが鳥類で、犬、猫と続きます。

    アメリカン・ケンネル・クラブは、犬を飼うことを検討している家族に対して適切な品種を選ぶアドバイスをしています。またフェアが指摘しているように、小動物は乳幼児のいる家庭には適していません。「幼児は無邪気にも小動物をいじくりまわし、殺してしまうことがあります」。

    7. 子供が活発であること
    子供が庭を走り回ったり、公園に行ったり、屋外で遊ぶことが好きな場合、ペットは子供のあり余るエネルギーを発散する手助けとなるかもしれません。10歳以上であれば、食後の運動として散歩に行くことや、家族全員での散歩を楽しむことができるでしょう。

    8. 試しにペットを飼ってみること
    「実際に飼い始める前に、ペットと一緒に過ごしてみましょう」とタイゼンは勧めています。ペラーも週末に自宅で知人の犬の世話をしてみることを提案していますが、これは動物と一緒の生活を子供が経験するためです。しかし、猫は通常と異なる環境に置かれると非常にストレスを感じるため、知人の猫の世話を自宅ですることは好ましくありません。

    9. 家族全員が協力すること
    「ペットを新しく飼うことに対して、家族全員が協力し合うべきです」とタイゼンは主張します。もし一人でも動物アレルギーや動物嫌いである場合は、そのことを尊重しなくてはなりません。ペットを飼うことで得るものは多いですが全員の強力が得られない時はペットを飼うべきではありません。

    10. 責任を持って世話をする心構えがあること
    最後に、もしペットを新しく飼うことになった場合には、大人が世話に対する責任を持たなければなりません。ペラーは、ペットを飼うということは、子供が中心となって世話をすることを期待するのではなく、子供も一緒になって世話ができる“家族のペット”として捉えるべきである、としています。例え子供にペットを迎え入れる準備ができていたとしても、あなたにその準備ができていないのであれば、ペットを飼い始めるのに適切な時であるとはいえません。

    ペットから得られるものは非常にたくさんあります。忠実な友達としていつもそばにいるだけではなく、責任というものを教える存在であるほか、安心、喜びなど精神活動にも好ましい影響を与えます。しかし実際にペットを飼うには家族にその準備ができていなくてはなりません。もしペットを飼うことを考慮している場合には、飼い主として最善のスタートが切れるよにここに記載されているアドバイスを判断の参考にしてください。