ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2016年06月22日

  • 熱く焼けたアスファルトからイヌの肉球を守る10の方法


  • コラム出典: 10 Tips To Protect Your Dog's Paws From Hot Pavement
    http://petslady.com/articles/10_tips_protect_your_dogs_paws_hot_pavement_57624?pp=1


    夏の間、イヌとの散歩は心地よく、多くの飼い主が楽しんでいますが、夏の日差しで焼けたアスファルトが原因でイヌの肉球がやけどを負ってしまうという思いがけない危険性が存在します。飼い主は自分の行きたい場所すべてにイヌも連れて行きたいと思うでしょうが、危険を顧みずに連れ歩くことは大ケガを負わせることにもなりかねません。夏の日差しに照りつけられたアスファルトやセメントは目玉焼ができるほど熱く、その上を歩くイヌの肉球に重度のやけどを引き起こすかもしれないことを覚えておいてください。特に肉球の柔らかい子イヌでは注意が必要です。

    以下に挙げる方法は、イヌの肉球を守るのに役立ちます。

    1. 涼しい時間帯に散歩に出かけましょう
    当たり前のことのようですが、さほど深刻に捉えていない人が多いのが現状です。毎日イヌを散歩に連れて行くのは非常によいことですが、いつ、どのような場所へ連れて行くべきかを充分に考慮する必要があります。散歩にもっとも好ましいのは舗道の熱くない早朝、あるいは日没からしばらく経過した時間帯です。強い日差しの照りつける午後や夕刻にイヌを連れ出すことは、舗道が非常に熱くなっているため避けるようにしましょう。

    2. イヌの肉球を鍛えましょう
    散歩の際は、涼しい時間帯の熱のこもっていない舗道を歩かせるようにしてみましょう。熱のこもっていない舗道なら肉球がやけどを負うことはありませんし、イヌの肉球を鍛えることにもなります。このことで将来的に肉球がやけどを負ってしまうリスクを低くすることができます。

    3. 草の上を歩かせましょう
    比較的気温の高い時間帯に連れ出す場合は、必ず日の当たらない草の上を歩かせるようにし、やけどを負う危険性を避けるために舗道や舗装された場所を歩かせないでください。直射日光の当たらない公園は、午後にイヌを連れ出す場所として最適です。

    4. 肉球を保湿してあげましょう
    肉球の切り傷やひび割れ、皮むけなどのケガを予防するために、日常的にイヌの肉球を保湿してはどうでしょうか。肉球のちょっとした傷は、やけどやほかの大きなケガを引き起こすきっかけになることがあります。Cain & Able Moisturizing Paw Rubなどの肉球保湿クリームの使用によって、驚くほどの違いがあらわれます。

    5. 肉球用のワックスを使用してみましょう
    肉球用のワックスは、イヌの肉球をやけどや塩化カルシウムといった危険な化学物質から保護する目的で製造されたもので、塗るだけで肉球を損傷から保護する効果があります。イヌを頻繁に連れ出すようであればMusher's Secret Paw Waxを試してみてください。このワックスは私にとって、愛イヌを足場の悪い場所に連れて行かなければならない時にイヌを不安がらせないようにする最良の方法であり、イヌの肉球の保護が必要な場合のいちばんの解決策でもあります。

    6. 滑り止め用パッチを試してみましょう
    滑り止め用パッチは、熱のこもった舗道から受ける危険を最小限に抑えることのできる簡単な方法です。滑り止め用パッチはイヌの肉球や足に簡単に貼り付けられ、やけどやケガなどから肉球を保護するだけでなく、つるつるとした表面で滑るのを防ぐ効果があります(ちょうどホームセンターなどで見かける、イスの脚に貼り付けるフェルト製の滑り止めのようなものだと思ってください)。この滑り止め用のパッチを必要な大きさに切って形を整え、イヌの肉球に貼り付けてみてください。

    フェルト製の滑り止めパッチと同様に使用でき、より優れた性質を持つ代用品がシリコン製の滑り止めパッチやテープです。これらは簡単にイヌの肉球に貼り付けることができ、肉球の形にぴったりと合うように形を切り揃えることもできます。また繰り返して使用できる上、濡れてもはがれ落ちません。さらにこれらの製品は非常に薄くて柔らかく、耐久性もあることから、ほかのパッチを嫌がるイヌに対しても難なく使用することができるでしょう。中でもシリコン傷跡シートはイヌの肉球の保護に最適です。私はScar Away Sheetsを試してみましたが、よりお手軽な価格の商品も揃っています。ひとつ注意することがあるとすれば、テープによっては多少滑りやすいものがあるので、滑りやすい床には注意してあげてください。

    7. イヌ用の靴を試してみましょう
    イヌ用の靴は、着用を嫌がらなければ肉球を熱やケガから守る最良の方法です。もし靴の使用が適しているのであれば、肉球の保護によいとされているUltra Paws Rugged Dog Bootのようなゴム製の底のついたものを選びましょう。イヌの中には靴に慣れず、うまく歩けないイヌもいることを覚えておいてください。またイヌが靴に慣れるまではしばらく時間が必要です。

    8. 使い捨てのイヌ用の靴を考慮してみましょう
    使い捨てのイヌ用の靴は、夏の間の舗道の熱への対処として手軽な解決方法です。Pawz Disposable Bootiesなどは、イヌが着用を拒まないようであれば、夏の日中にイヌを連れ出す場合の肉球保護に効果的でしょう。

    9. イヌ用の靴下を準備しましょう
    イヌ用靴下の使用は、熱い舗道の上にイヌを連れて行かなければならない場合の土壇場の手段として最適です。ただし靴と同様に、中には使用が適していないイヌもいます。この靴下を使用できるかどうかを見極めるためには、古くなった靴下か赤ん坊用の靴下をイヌに履かせ、実際に試してみてください。またはイヌ用のとてもかわいらしい靴下を購入することもできます。中には靴下を噛むイヌもいるので、履かせるときに確認してください。

    10. 日頃からイヌの肉球を清潔に保ち、よく観察しましょう
    イヌの肉球に何らかの異常が生じていないかどうか、毎日よく観察する習慣をつけましょう。また肉球を頻繁に洗ってあげることも大切です。もし何か異常が認められたり、イヌが肉球を気にする素振りをみせるような場合には獣医師の診察を受け、症状を明確にしましょう。肉球を洗った後に保湿ケアを行ないながら観察すれば、肉球の保護に必要な3つのことを1度で済ませることができ、無駄な時間を取ることなくイヌの肉球をしっかりと守ることができます!

    今までに記載した10の方法によって、熱くなった舗道によるやけどやケガから、夏の間あなたのイヌを守ることができるでしょう。また舗道だけでなく夏の熱さによる事故にもよく注意し、特に熱中症の兆候には気をつけてあげてください。