ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2013年09月26日

  • 猫用トイレ


  • 適切な猫用トイレが与えられていれば、子猫にトイレのしつけをする必要はありません。なぜなら、子猫は母猫を観察しながらトイレの位置や様子を覚えるからです。

    どのようにトイレのしつけを始めますか?
    狭く閉ざされた場所に子猫を入れておくことが、トイレをしつける絶好の方法です。ほかに排泄に適した軟らかい場所を見つけることができないことから、自然に猫用トイレを使用するように促します。

    トイレのしつけの一環としてすべきこと:
    植木鉢は猫用トイレよりも排泄に適した場所となるため、子猫を入れた場所からは取り除きましょう。

    トイレのしつけの一環としてすべきではないこと:
    子猫をあまり長時間狭い空間に入れておかないようにしてください。閉じ込める代わりに子猫の様子をよく観察し、排泄しそうな素振りを見せた時に猫用トイレに連れて行くようにしましょう。

    一般的に子猫は起きた後や食事の後、そして遊んだ後に排泄する傾向があります。これらの排泄時に優しい言葉と共に子猫を猫用トイレに連れて行くことで、トイレで排泄することを覚えるようになるでしょう。この行為を定期的に繰り返せば、子猫が猫用トイレを使用する習慣を身に着けさせることができるようになります。

    どのような猫用トイレを選ぶとよいでしょう?
    猫用トイレを選ぶにあたってまず考慮しなければならないことは、子猫が入りやすいかどうかということです。体が小さい場合は深すぎないトイレが必要ですし、また成長に伴って大きく深い猫用トイレが必要となるでしょう。

    猫の出入りに支障がないようであれば覆いのついたトイレでもかまいません。あくまでも猫がトイレの入り口から簡単に中に入れるかどうかが重要です。

    猫用トイレはいくつ必要ですか?
    一般的に猫一匹に対しそれぞれ専用のトイレが必要です。また猫には排尿と排便を別の場所でする習性があることから、猫一匹に対して別々の場所にそれぞれ1つずつ、2つの猫用トイレが必要と考える行動学者もいます。

    猫用トイレの配置においてすべきこと:
    それぞれのトイレを異なる場所に配置し、ネコ同士が対立することを避けてください。

    猫用トイレの配置においてすべきではないこと:
    それぞれの猫用トイレを同じ部屋に横並びで置かないでください。

    猫砂にはどのような種類がありますか?
    猫砂には砂の粒の大きさが異なるものや均一のものなどさまざまな種類があり、中には臭いが拡散しないような加工がされたものもあります。一般的に、猫は細かい砂粒を使用したトイレを好むようです。

    注意:
    猫はこれまでに使用してきた猫砂に慣れているため、以前から使用している猫砂からは変更しないでください。

    猫用トイレを配置する場所
    人間と同様に、猫は静かなプライベートな場所での排泄を好みます。猫用トイレは猫や飼い主が簡単に近づくことができる場所で、なおかつ家電製品などによる騒音の少ない場所に配置してください。

    猫用トイレの配置においてすべきこと:
    トイレの様子を定期的に確認し、清潔に保つようにしてください。

    猫用トイレの配置においてすべきではないこと:
    エサや水のボウルの近くに置かないでください。

    猫用トイレの掃除
    猫は非常にきれい好きな動物であるため、排泄によって固まった猫砂は気がついた時点で取り換えるようにしてください。ダマになった砂はほかのタイプの砂よりもより頻繁な掃除が必要となり、尿で汚れた砂や便は毎日除去するようにしてください。

    猫用トイレの掃除においてすべきこと:
    猫砂の使用に関しては、製造会社によって提供されているガイドラインをよく読んでください。

    猫用トイレは毎週掃除するようにしてください。

    猫用トイレの掃除においてすべきではないこと:
    アンモニア系の洗剤を使用した猫用トイレの洗浄は、猫に刺激を与える場合があるため避けてください。

    注意:
    排泄の習性は猫によって異なります。猫用トイレを頻繁に掃除して清潔に保つことは、猫がトイレで排泄することを習慣づけることにもなります。

    結論
    もし猫が猫用トイレ以外で排泄を続けるようであれば、猫砂、トイレのサイズ、トイレの数、家の中での配置場所などを見直す必要があります。種類の異なるトイレや猫砂を置くことで、猫がどのタイプのトイレを好むかを知ることができます。

    注意:
    猫用トイレで排泄する習慣は、猫が飼育環境に慣れてから初めて身に着きます。