ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(7)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2015年05月12日

  • 飼っているペットに対してアレルギーですか? ①


  • コラム出典: About.com Are you Allergic to Your Pet?
    http://www.aspca.org/pet-care/are-you-allergic-your-pet


    呼吸を楽にしてください。 あなたもまだペットと一緒に生活することは可能ですよ!

    より多くの人がフワフワとした毛を持つ生き物を所有することによる好ましい影響を理解しているにもかかわらず、そのうちの約15-20%の人は動物アレルギーであると言われています。
    その結果はどうでしょうか?数多くの飼い主が喜ばしくない不健康な環境にあり、その原因が彼らの大切なペットなのです!実際にアレルギー反応を引き起こす原因となる物質を医学的用語ではアレルゲンと言います。アレルギー持ちの人はこのアレルゲンに接触したり吸い込んだりすることによってアレルギー反応を引き起こします。その症状には、赤く、痒みのある涙目や鼻水、くしゃみ、咳、喉のイガイガや痛み、皮膚の痒みなどをはじめ、深刻なものでは呼吸困難までもが挙げられます。

    ペットによるアレルゲンの中で、もっとも一般的なのはペットの鱗屑(常に動物の表皮からはがれ落ちるフケ)、よだれ、尿、皮脂性の細胞などに含まれているタンパク質です。動物であれば種類を問わずアレルギー反応を引き起こす原因となり得ますが、その中でも猫は特にアレルギーの原因となる可能性の高い動物です。ほかにもフェレットやモルモット、鳥類、ウサギやげっ歯類などのエキゾチックアニマルの尿や鱗屑、よだれなどに対してアレルギー反応を引き起こす人もいます。人に対してアレルギーの原因となりえない種類や品種は存在しません。被毛の長さや種類はアレルギーの発症や予防とは関係ありません。アレルギーに悩む人にとって、ある特定の動物によって引き起こされる症状がほかの動物によるものよりも軽度であることはありますが、これは人によってそれぞれであり、予想がつくものでもありません。

    いったんペットアレルギーの診断が下されると、医師の多くがペットを生活環境から除くことを勧めるでしょう。胸が張り裂けるようですか?そのとおりです。必ずしも必要ですか?そうとは限りません。多くの人は塵ダニやカビ、花粉といったようなペット以外のアレルゲン、ちなみにこれらは家の中にも存在するものですが、に対してもアレルギーであるということを思い出してください。アレルギー症状はアレルゲンとなる物質が蓄積されることによって起こります。つまりペット以外でアレルゲンとなる物質を除去すれば、ペットを生活環境から除く必要はないかもしれないということです(逆を言えば、ペットをあなたの生活環境から取り除くことを決意したとしても、症状がすぐに改善するとは限らないということになります)。また、あなたの生活環境を清潔に保ち、アレルゲンとの接触を極力限られたものにするための時間と努力を費やすほか、あなたの症状を管理する医師を見つける必要があります。