耳の病気

オトマックス点耳用液剤 (34ml)

画像を拡大する

ポイント!
アレルギー性の外耳炎には効果はないから注意してね!

耳のかゆみ、耳垢、悪臭などの症状が現れるイヌの外耳炎治療薬。かゆみを抑えながら、症状を改善させる作用があります。

オトマックス点耳用液剤 (34ml)
Otomax Ear Drops (34mL)

販売価格(税込) 4,180 円
オリジナル商品名 : オトマックス
製薬会社名 : MSD(旧・シェリング・プラウ)
関連カテゴリ:

耳の病気

イヌ

> 外耳炎

個  数
      カートに入れる

適応症状 :
外耳炎

商品紹介 :
オトマックス点耳用液剤は抗生物質、抗真菌剤、そして消炎作用のあるステロイド剤が配合された点耳薬です。イヌによく見られる外耳炎の治療に効果を発揮します。

外耳炎とは、耳の中に引き起こされた炎症のことです。耳のかゆみ、炎症、悪臭、ベタベタした耳垢といった症状がみられるようになり、頭をよく振る、肢で耳をひっかく、床に耳をこすりつけるといった素振りがみられるようになります。原因には寄生虫や微生物の繁殖、アトピー性皮膚炎、アレルギーなどがありますが、耳自体が空気が通りにくく蒸れやすい部位であるため、特に細菌や真菌といった微生物の異常繁殖による発症が多いとされています。

この細菌や真菌によって発症させられた外耳炎の治療薬として広く使用されているのがオトマックス点耳用液剤です。細菌と真菌は似たようでまったく異なる生物であり、それぞれに効力を発揮する薬剤が必要となります。オトマックス点耳用液剤には細菌に効果のあるゲンタマイシン、そして真菌に効力を発揮するクロトリマゾールが配合されており、幅広い細菌、真菌の異常繁殖を効果的に抑えることができます。
また、消炎作用のあるステロイド剤であるベタメタゾンが配合されているので、かゆみをはじめとした炎症症状を緩和し、かゆみからイヌが患部を掻き壊すことによる症状の悪化を抑える作用も持ち合わせています。

使用方法 :
※下記はオトマックス点耳用液剤の使用量のガイドラインです。正確な使用に関しては獣医師の指示に従ってください。

体重15kg未満の犬:1日2回、1回4滴を症状の認められる耳に点耳します。
体重15kg以上の犬:1日2回、1回8滴を症状の認められる耳に点耳します。
治療期間は7日間とします。

・使用前によく振ってください。
・内耳への感染、渦巻管や前庭器官に損傷が引き起こされるのを避けるため、鼓膜の穿孔があるかどうか、使用前に外耳道の状態をよく調べてください。
・治療前に耳の外部を細部に至るまで清潔に洗浄し、完全に乾かしておくほか、治療の妨げとなる患部周辺の毛を切っておいてください。
・点耳後、調剤を耳道の下部によく浸透させるためには、耳の付け根を軽くマッサージしてください。