自己免疫性疾患

自分以外のものが体内に入って来たときに、それを攻撃、排除しようと体が働きますが、この仕組みを免疫といいます。自己免疫性疾患は、この仕組みが異常に働き、本来では攻撃するはずのない自分自身の体の一部を攻撃することで、さまざまな炎症を伴う症状を引き起こす病気です。
詳しくはこちら

戻る


その他

現在、商品はございません。

戻る