外耳炎の詳細


耳の中が菌に感染して炎症が起こった状態で、かゆみや痛みを伴うほか、異臭、ウミなどのある耳あかや耳だれが繰り返し出現するなどの症状が現われることもあります。

主に細菌や真菌、寄生虫が原因で発症しますが、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎など全身性の皮膚病に併発して起こる場合もあります。


●もっと詳しく

イヌ、ネコのどちらもかかる病気ですが、どちらかというとイヌ、それも垂れ耳のイヌがかかる可能性が高いようです。
外耳炎は慢性化や再発しやすい病気で、慢性化すると、腫れのために外耳道がふさがったり、耳血腫が起こることもあります。さらにそのままにしておくと、中耳炎や内耳炎に進行する場合もあります。
やたらと耳をかいたり、頭を左右に振っているような動作が見られるようであれば、外耳炎を疑ってみてください。

●病気の対処法
寄生虫が原因の場合は駆除薬、真菌が原因の場合は抗真菌薬と、まずは原因を調べて、それに応じた治療薬を使用するのが一般的です。
外耳炎は慢性化や再発しやすいため、投薬の途中で症状が治まっても決められた期間使用し続け、根絶することが大切です。
しかし耳以外にも、アレルギーや内分泌疾患が原因となって発生することもあり、その場合は耳だけの治療にとどまらずに、その根本の治療も同時に行なわれます。

●その他
耳の中はとてもデリケートな部分のため、よかれと思って行なう頻繁な耳掃除が原因で外耳炎になる場合もあります。特に耳垢が認められない場合は耳掃除をせず、また個人で行なうのではなく、専門家に任せるのがよいとされています。

戻る