乾性角結膜炎(ドライアイ)の詳細


涙の分泌量が減ることで目の表面が乾き、角膜と結膜に炎症が起こる病気です。そのため目に潤いがなくなり、栄養分が行き渡らなくなるため、眼に痛みなどの不快感が起こったり、粘度の高いメヤニが大量に発生してきます。この状態が長く続くと、角膜に穴があいたり、まぶたが癒着し、最悪の場合は失明することもあります。


●もっと詳しく

原因として考えられるのは、外傷、化学物質、感染先天性、神経性、自己免疫性、涙腺の炎症、特発性などで、ほとんどが特発性だと言われています。症状が慢性化した場合、角膜が白濁したり、メラニンが沈着(色素性角膜炎)することもあります。
乾性角結膜炎にかかった場合、病気の原因により自然に治ることもありますが、慢性化することもあり、この場合は完治することはほとんどなく、継続的な治療が必要となります。

●病気の症状

原因として考えられるのは、外傷、化学物質、感染先天性、神経性、自己免疫性、涙腺の炎症、特発性などで、ほとんどが特発性だと言われています。症状が慢性化した場合、角膜が白濁したり、メラニンが沈着(色素性角膜炎)することもあります。
乾性角結膜炎にかかった場合、病気の原因により自然に治ることもありますが、慢性化することもあり、この場合は完治することはほとんどなく、継続的な治療が必要となります。

●その他

乾性角結膜炎には一時的および慢性的なものがありますが、いずれも原因を特定するのは難しいとされているため、一般的には人工涙液の点眼、眼球表面や結膜を保護する軟膏の塗布などの対症療法により治療しますが、改善しない場合は人工的に涙腺をつくる手術が行なわれることもあります。

戻る