変形関節症の詳細


ひじ、ひざ、肩、股関節など骨と骨の接合部を関節といいます。
骨同士の表面は弾力性のある軟骨で覆われており、衝撃を吸収したり、関節にかかる力を分散することによって関節の動きを滑らかにしています。
関節へかかる過剰な負担は軟骨をすり減らし、関節周辺の骨を変形させてしまいます。このことによって痛みなどの症状を生じるのが変形性関節症です。
従来は中、大型犬によくみられる病気でしたが、最近では高齢化に伴い約20%の犬がこの変形性関節症にかかっているとされています。


●もっと詳しく

【変形性関節症の原因】
変形性関節症の原因は正常な関節への異常な負担がかかることによって発生する原発性のものと、異常のある関節への負担が原因となって発生する続発性のものとに分けられます。
原発性変形性関節症の原因
・加齢
・過剰な運動

続発性変形性関節症の原因
・股関節形成不全
・膝蓋骨脱臼
・前十字靱帯断裂
・肥満

【症状】
・関節の腫れや痛み
・歩いたり階段を嫌がる、動作がぎこちなくなる、足を引きずる、活動性の低下
・関節をなめたり噛んだりする
・触られるのを嫌がる、元気がなくなる

●病気の対処法

変形性関節症は進行性であるため、完治させる方法はなく、また放置しておくと症状が悪化してしまいます。
変形性関節炎の治療は消炎鎮痛剤で痛みを緩和しながら、適切な食事や適度な運動による体重管理と関節を支える筋肉を強化するリハビリテーションで症状の進行を抑えることが中心となります。


【変形関節症の予防方法】

肥満は必要以上の負担を関節にかけるため、変形性関節症を発症する大きな原因とされています。
そのため子犬のころから食事と運動を管理することによって体重を増やしすぎないようにすることが大切です。
また関節に過剰な負担をかけるような無理で過激な運動はさせないことです。

戻る