心筋虚血の詳細


心臓の筋肉に栄養や酸素を送る冠動脈が何かしらの原因で狭くなり、充分な量の血液が行き渡らなくなることで起こる疾患を心筋虚血といいます。これにより心臓の筋肉が正常に動かせなくなるために心臓の機能が低下し、心不全や不整脈を引き起こす原因ともなり、最悪の場合は命に関わることもあります。


●もっと詳しく

詳しい原因はわかりませんが、遺伝、糖尿病、貧血などが原因で起こることもあるようです。
最初のうちは元気がない、動きが少ないなど以外は目立った症状は見られませんが、病気が進行するにつれて咳、お腹がふくれる、呼吸が荒くなる、失神などの目立った症状が現われるようになり、突然息が止まる場合もあります。

●病気の対処法

心臓への血流量を増やし、正常な動きに戻すことが主に目的となるため、血管拡張薬、強心剤、利尿剤などを使用します。
場合によっては、塩分制限を含む食事療法や肥満解消のための運動療法を併用することもあります。

●その他

心筋虚血により不整脈が起こることもありますが、イヌはもともとが不整脈ですので、脈が安定していないというだけでは心筋虚血とは断定できません。


戻る