プラジクアンテル Praziquantel


成分説明
プラジクアンテルは、イヌやネコなどの動物の胃腸に寄生する条虫類(サナダムシなど)に効果のある成分です。
条虫類の腸管に付着する能力を阻害することによって、条虫を体外に排出させる作用があります。
服用後、胃腸に寄生している条虫に作用してから、一旦腸管に吸収されます。吸収されたプラジクアンテルの一部は肝臓でその構造を変化(代謝)させられ、その後腸管から再分泌されます。
再分泌されるプラジクアンテルの代謝物にも寄生虫の殺虫作用があるため、この吸収前と吸収後のダブル駆虫効果によって条虫が効果的に駆除されることになります。

成分分類
その他

適応
内部寄生虫(条虫類)駆虫剤

副作用
よだれ、嘔吐、食欲減退、下痢、不活発



戻る