パモ酸ピランテル Pyrantel Pamoate


成分説明
パモ酸ピランテルは、寄生虫の神経筋接合部へ作用してマヒや拘縮を引き起こす成分で、イヌやネコなどの動物の胃腸に寄生している鉤虫類や回虫類の駆除に使用されています。
しかし腸管から生体内に吸収されにくいため、薬成分が血液に溶解しにくく、血液中に存在する寄生虫の幼虫に対する効果が弱いのが欠点で、完全な駆除には反復服用と再感染を防ぐ措置が必要とされています。

成分分類
その他

適応
内部寄生虫(鉤虫類・回虫類)駆虫剤 



戻る