ピペロニルブトキシド Piperonyl Butoxide


成分説明
この成分自体には殺虫効果はありませんが、特にピレトリン、ピレスロイド、カルバメイト系殺虫剤などの殺虫剤と混合することで、その殺虫効果を増強させます。
主にシラミに対して使用されることが多いようです。またほ乳類に対する、経口および皮膚からの毒性は低いとされています。

成分分類
その他

副作用
下痢、嘔吐

注意事項
人間に対する発がん性、変異原性、催奇形性などについては、まだ明らかになっていません。



戻る