乳酸 Lactic Acid


成分説明
乳酸とは、乳酸菌の働きによって糖質が分解された時に生じるヒドロキシ酸の一種です。
乳酸菌は自然界に広く存在しており、ヨーグルト、チーズをはじめとした乳製品やワイン、味噌、パンなどの食品の発酵に貢献しています。
乳酸を作り出す乳酸菌は生体内にも存在し、整腸作用や免疫促進、筋肉の糖分解によるエネルギーの生成などに関わっています。
皮膚においては、皮膚の酸性濃度を低く保つことによって細菌や真菌の繁殖を抑えるほか、角質に働きかけ、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を整える作用があります。


成分分類
その他



戻る