ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(1)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(11)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(32)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(40)

商品検索 キーワード

  • 2011年08月23日

  • イヌとネコの栄養に関する基礎知識


  • コラム出典: Canine and Feline Nutrition Fundamentals
    http://www.vetinfo.com/canine-feline-nutrition.html


    イヌやネコが健康で元気に育つためには、栄養が重要な要素となります。最高のドッグフードやキャットフードを入手して、栄養価の高い食事を与えるために、飼い主はイヌやネコの栄養条件とフードに求められるものについて知る必要があります。

    ドッグフードとキャットフードにおける栄養の違い

    必要な栄養の基準はイヌとネコで異なり、また同じ成分でもイヌとネコの両方に等しく有益であるとは限らないことを覚えておくことが大切です。ただし、ドッグフードとキャットフードどちらについても1つ覚えておいて欲しいのは、良質な動物性・植物性原材料から得られる栄養成分が、そのフードにバランス良く含まれているかどうかを常に確認することです。

    イヌにとってたんぱく質は必須の成分です。たんぱく質は、牛肉、鶏肉、ラム肉のように由来の分かる動物性原材料から摂取して、詳細の分からない肉骨粉や肉副産物から摂取するべきではありません。また穀物、油脂、ビタミン、ミネラルもドッグフードに含まれる重要な原材料です。

    キャットフードに含まれるたんぱく質の重要性

    ネコは、そのフードの中にイヌよりもさらい高い割合のたんぱく質を必要とします。イヌの場合と同じく、キャットフードのラベルには、魚、鶏肉、七面鳥の肉、ラム肉のように由来の分かる動物性原材料が必ず記載されていること、また由来の分からない肉副産物や肉骨粉が記載されていてはいけません。たんぱく質はネコの代謝を調節し、正常な生殖器系を発達させ、さらに強い免疫系を構築して病気を予防するとともに病気やけがの早期回復を助けます。このため、たんぱく質はキャットフードに含まれる成分として必要不可欠です。たんぱく質は野菜類や大豆にも含まれていますが、植物性のたんぱく質は、動物性たんぱく質の完全な栄養価を満たしていません。

    ネコの栄養に関する基礎知識

    ネコに必要な栄養素はたんぱく質だけではありません。タウリンはあらゆるネコが生きていくのに必要な必須アミノ酸であり、肉や卵の中にだけ存在します。ネコはこのアミノ酸を自分の体内で作ることができないため、キャットフードから摂取する必要があります。アルギニンのほか、チアミン、ナイアシン、ビタミンA、カルシウム、リンもネコにとって重要なビタミンとミネラルです。肉と同じように、脂肪は亜麻仁油や鶏脂のような由来の分かる原材料から摂取するべきです。

    缶詰やセミドライフードは、フードに含まれる炭水化物の量が(ドライフードよりも)少ないため、ネコに最も適していると考えられます。ネコは炭水化物を必要とせず、反対に炭水化物によって食物アレルギーや消化の問題が起こるおそれがあります。また水分補給が充分にできていないネコの場合、ウェットフードは水分の供給源としても優れています。水分不足はネコの尿に影響を及ぼします。

    キャットフードで健康的な体重を維持する

    ネコの減量を促すには、食事の量や回数を減らすのが健康的で賢い方法ですが、この減量方法は、フードに含まれる必須栄養素もネコから奪ってしまう可能性があります。新しい食事方法を始める前に、かかりつけの獣医に相談してください。健康的な栄養状態を維持するために、獣医はダイエット用のキャットフードやビタミンサプリメントを勧めることがあります。