Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

■夏の皮膚疾患特集■(45)

★お買い得商品★(0)

サプリメント(15)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(8)

その他の病気(35)

商品検索 キーワード

  • 2017年06月30日

  • ネコの尿閉


  • コラム出典:Urinary Blockage in Cats
    https://www.vetinfo.com/urinary-blockage-cats.html


    ネコにとって尿閉は即座に命取りになることもあるため、健康状態を守るには獣医師の手当てが重要です。そのためにできる方法のひとつは、この病気の臨床的徴候を知ることです。そうすればネコが緊急の治療を必要としている場合に助けることができます。

    尿閉はこうして起こる
    ネコの尿閉はオスとメスの両方にみられますが、オスのネコにより多く起こります。その原因には、尿路結石や猫特発性膀胱炎(FIC)と呼ばれる症状などがあります。FICはウイルスのほか、ドライフードだけの食事、ストレス、長期にわたる閉じ込めなどにより起こります。

    尿閉の徴候
    尿閉のあるネコは、砂箱を使おうとする際にいつも困惑する様子がうかがえます。砂箱に何度も歩み寄り、そして大抵は排泄しようとしますが、実際には少ししか尿が出ません。砂箱以外の場所で漏らすこともあり(通常はバスルームの涼しい場所やタイルが敷いてある場所)、また頻繁に自分の生殖器周辺のグルーミングをすることもあります。

    尿閉のほかの徴候には、血尿、排尿中の苦しそうな声、無気力、食欲減退、嘔吐などがあります。最後の3つの徴候は深刻な緊急の医学的事態が起こるかもしれないことを示しているので、飼いネコにこれらの症状がみられたときは直ちに獣医師の診察を受けさせてください。

    尿閉の診断
    尿閉の徴候は、ネコにみられるほかの尿関係の問題の症状と似ています。問題の原因を確定するため、獣医師は身体検査や血液検査、尿分析、尿培養など所定の検査を行ないます。しかしながら、ネコの膀胱に無数の結晶がある場合は尿サンプルの採取は難しいことがあります。診断を確定するためにレントゲンが推奨されることもあり、また猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルス検査も行なわれることがあります。

    尿閉の治療
    獣医が尿閉だと判断したら、膀胱から尿を出すためにカテーテルを挿入します。また感染に対する抗生物質や、痛みを緩和するために薬物治療が必要になることもあります。
    ひどい状態の場合は、会陰的尿道造瘻術と呼ばれる手術を受ける必要があるかもしれません。これは、膀胱の尿の蓄積を防ぐために尿道を拡げる手術です。この手術は合併症や副作用がないわけではないので、最終手段として選択する獣医もいます。

    さらに長期にわたる治療計画には、将来的な尿閉の形成予防に役立つ特別食や投薬の継続などが含まれます。

    尿閉の予防
    一旦、尿閉の症状が発現したら、いくつかの簡単な措置でさらなる尿閉の再発を予防することが可能です。
    • 清潔な砂箱の使用
    • 適切な数の砂箱の使用。複数の飼いネコがいる場合は特に重要。
    • 家の中の静かな場所に砂箱を設置。
    • 砂箱の使用に適した機会を与える
    • 常に清潔で新鮮な飲み水を提供
    • 健康的な体重の維持
    • 缶詰のエサのみを与える
    • 少量の食事を頻繁に与える
    • 尿閉のほかの徴候を観察
    • ネコの生活環境内におけるストレスの最小化