Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

■夏の皮膚疾患特集■(45)

★お買い得商品★(0)

サプリメント(15)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(19)

目の病気(13)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(11)

心臓の病気(59)

足・爪の病気(2)

皮膚の病気(119)

消化器・内臓の病気(55)

泌尿器・生殖器の病気(29)

関節・骨の病気(31)

感染症(38)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(8)

その他の病気(35)

商品検索 キーワード

プロパリン 40mg/mL (100mL)

画像を拡大する

ポイント!
フェニールプロパノールアミンは人間にとっては有害です。管理には充分注意してね。

イヌの尿漏れ(尿失禁)治療薬。特に避妊手術をしたメスイヌや高齢のイヌに見られる尿漏れ治療に有効です。

プロパリン 40mg/mL (100mL) 
Propalin 40mg/mL (100mL)

販売価格(税込) 7570 円
オリジナル商品名 : プロパリン
製薬会社名 ベトキノール
個  数
     

適応症状 :
尿漏れ(尿失禁)

商品紹介 :
プロパリン・シロップはイヌの尿漏れ(尿失禁)の治療に効果が認められている薬です。膀胱筋肉の収縮や弛緩、そして尿道の開閉に関与している尿道括約筋を収縮させることによって、不随意に尿が漏れてしまうことを防ぐ作用があるとされています。

睡眠中や休息時、あるいは歩行時など、通常の排尿時以外に意識とは関係なく尿が漏れてしまう状態が尿漏れです。発症すると、尿によるベッドの濡れ、散歩途中の尿の少量の漏れなどが見られるようになるほか、漏れ出た尿が長時間にわたって皮膚に接触して皮膚を刺激するため、外陰部や陰茎部付近をを気にして舐め続ける素振りや、舐め過ぎることによる皮膚の炎症、または膀胱炎や尿道炎といったような尿路感染症が引き起こされることもあります。

イヌの尿漏れは、尿道括約筋を収縮させる作用を持つエストロゲンやテストステロンなどのホルモンの欠乏、泌尿器の先天性異常、外傷や腫瘍による脊髄や中枢神経の障害、そしてストレスなどが原因とされていますが、中でも最も発症頻度が高いとされるのが、ホルモンの欠乏による尿道平滑筋の機能低下が原因で起こるホルモン依存性尿漏れです。主に卵巣摘出の避妊手術を行なったメスイヌによく見られるタイプの尿漏れで、加齢によってホルモンの分泌が低下している高齢犬にも発症する傾向があります。

尿道括約筋の機能の低下を原因とする尿漏れの治療に効果が認められているのが、交感神経作動薬のフェニールプロパノールアミンを有効成分とするプロパリン・シロップです。交換神経は、意識とは関係なく生体の機能を調整している自律神経のひとつで、泌尿器においては尿道括約筋を収縮させ、尿が漏れ出るのを防ぐと同時に膀胱における蓄尿作用を促進する働きがありますが、フェニールプロパノールアミンには尿道括約筋に存在する交感神経受容体を刺激する作用に加え、交感神経そのものの作用を増強するというふたつの作用があります。
これらの作用の相乗効果によって、非常に強い交感神経作用を発現させ、尿道括約筋の収縮や膀胱の蓄尿作用が増強されることから、尿漏れの症状が効果的に改善されます。


使用方法 :
※下記はプロパリンの使用量のガイドラインです。正確な使用量、使用方法。そして使用期間などは獣医師の指示に従ってください。

1回に体重1kgにつき1mgのフェニルプロパノールアミンを1日3回投与することが推奨されていますが、これは1回に体重5kgにつき0.1mlのプロパリン・シロップを1日3回投与することに相当します。






  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら