ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(5)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(9)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(6)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(41)

消化器・内臓の病気(18)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(23)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(8)

甲状腺の病気(10)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

ミラタズ軟膏(ミルタザピン)(5g)

画像を拡大する

ポイント!
口や目に入れないでね。獣医師の診断のもと使用してね。

ミラタズはFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けたネコの食欲不振の外用薬です。■□■ オリジナル価格9,000円⇒特別販売価格6,500円!■□■ 

ミラタズ軟膏(ミルタザピン)(5g) 
Mirataz Ointment (Mirtazaine) - 100mg (5g)

販売価格(税込) 6500 円
オリジナル商品名 : ミラタズ
製薬会社名 デクラ
個  数
     

お問い合わせはメールにて承っています
適応症状 :
ネコの食欲不振

商品紹介 :
ミラタスはネコの体重減少や食欲低下の管理目的で使用する経皮投与薬です。

禁忌:
ミルタザピンまたは賦形剤に過敏症のあるネコへはミラタズを使用しないで下さい。
ミラタズはセロトニン症候群発症のリスクを高めるため、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)(例:セレギリン塩酸塩(L-デプレニル)アミトラズ)との併用または前後14日間の使用はしないで下さい。

警告:
人間用ではありません。子供の手の届かない場所に保管して下さい。
ミラタズを取り扱う際は肌への接触を避けるために使い捨て手袋を使用して下さい。使用後は手袋を処分し、石鹸と水で手を洗って下さい。
投与後、ミルタザピンが皮膚または口からから吸収されることを避けるために、治療を受けたネコは人間またはその他の動物との接触を2時間を持たないよう注意して下さい。投与後2時間ネコの塗布場所と体に微量の残留物が残っています。
誤って皮膚との接触があった場合は、石鹸とぬるま湯で完全に洗って下さい。目に入った場合は、水で目を洗い流してください。もし、皮膚や目に異常を感じる場合は医師の診断を受けてください。
誤って飲み込んだ場合はあるいは皮膚や目に異常を感じる場合は医師の診断を受けてください。

注意:
経口投与や目への投与はしないで下さい。
肝臓に疾患があるネコへの使用は慎重に行って下さい。ミルタザピンは、血清肝酵素を上昇させるかもしれません。
腎臓病疾患のあるネコへの使用は慎重に行って下さい。腎臓病は、ミルタザピン排出を減らす可能性がありその結果、より高い薬露出を起こす可能性があります。

ミラタズを中止する場合、ネコの食物摂取量を観察することは重要です。食物摂取量はミラタズ中止後減少する可能性があります。食物摂取量が数日の間、劇的に減少した場合(>75%)あるいは、もしネコが48時間以上食べることを止めた場合、ネコを再診断して下さい。

ミラタズは2キログラム以下または生後6ヶ月未満のネコに対して査定されていません。
繁殖、授乳中、授乳中のネコへのミラタズの安全使用について査定されていません。

副作用:
臨床検査で報告された一般的な副作用(対象115匹)

・投与部位への反応 (紅斑、かさぶた、残留物、落屑、乾燥、皮膚炎または刺激、脱毛症、掻痒)

・行動異常(発声、活動過剰、方向感覚の喪失、歩行障害、無気力、虚弱、甘え、攻撃的)

・身体上観察 (嘔吐、脱水、下痢または柔便、心雑音、食欲不振)

・臨床病理学 (血尿、尿素窒素(BUN)(クレアチニンなし)の上昇、尿素窒素(BUN)とクレアチニンの上昇、高リン血症、低カリウム血症、膿尿症、貧血、低い尿比重、単球増加、好中球増加)



使用方法 :
※下記はミラタズの使用量のガイドラインです。正確な使用量、使用期間は獣医師の指示に従ってください。

ミラタズは外用薬です。
1日1回およそ1.5インチ(3.8cm、およそ2mg/猫)の軟膏をリボン状に出し、ネコの耳介の内側へ投与します。
期間は1日1回を14日となります。(商品説明書にある図を参照して下さい)

投与の際、使い捨ての手袋を着け、手袋は使用毎に処分して下さい。

日ごとに右と左を変えて耳介へ投与して下さい。

外耳道(耳の穴)への投与はしないで下さい。

必要に応じて投与の前に乾いたティッシュまたは布でネコの耳介の内側を拭いてください。

投与ができなかった日は翌日の投与に1日に決められた量を投与して下さい。

投与の方法については、飼い主は初回の投与の際、動物病院にて獣医師またはトレーニングを受けた人に立会い説明を受けてください





  • この薬の説明書(日本語訳)はこちら