ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(3)

サプリメント(12)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(8)

目の病気(9)

耳の病気(6)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(5)

心臓の病気(33)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(38)

消化器・内臓の病気(13)

泌尿器・生殖器の病気(17)

痛み・関節・骨の病気(16)

感染症(19)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(10)

アレルギー(9)

その他の病気(9)

甲状腺の病気(12)

副腎の病気(8)

商品検索 キーワード

  • 2021年07月12日

  • 愛犬の耳が臭う理由と耳そうじについて


  • 出典 Why Your Dog's Ears Smell and How to Clean Them
    https://www.petmd.com/dog/general-health/why-do-my-dogs-ears-smell-bad
    レイ バーケット、獣医師
    2020年6月30日

    愛犬の耳が臭うと感じたことはありますか?臭いは耳垢がたまっていることから耳の感染症に至るまで愛犬の耳に異常がある兆候である場合があります。
    こちらに臭いの原因からそうじのコツ、耳の疾患予防まで、イヌの臭う耳について飼い主さんが知っておくべきことをご紹介します。

    ・ 何が臭いの原因なのか?
    ・ 愛犬の耳の掃除は飼い主がすべき?
    ・ 愛犬の耳掃除の仕方 
    ・ 耳の臭いを予防するには

    何が臭いの原因なのか?

    愛犬の耳の臭いとなる原因にはいくつかあります。こちらは代表的な原因となるものです。


    耳垢が溜まっている

    愛犬の耳に正常な自浄化機能の衰えがある場合、耳垢が溜まることがあります。愛犬はわずらわしさを感じていないかもしれません。耳垢の色は黄色となります。

    このタイプの耳垢の蓄積は耳の臭いに影響を与えますが、軽度の臭いでしょう。

    問題は愛犬の耳を獣医承認の所定のイヤークリーナーでそうじをすることにより解決します。


    イースト菌感染症(訳注:マラセチア真菌性外耳炎)

    耳イースト菌感染症は一般的な症状でより強い臭いの原因となります。

    イースト菌感染症はカンジタ菌が愛犬の体に過剰に多くなった場合発生します。

    多くの場合、イースト菌感染症は甘いかカビ臭いにおいを引き起こします。赤みを帯びることや、耳から通常茶色の分泌物が出ることもあります。

    イースト菌感染症は発症が見られたら数日以内に獣医の診察を受けさせるべきです。

    獣医師は診断のため細胞診(麺棒に分泌物を採取し着色し、顕微鏡で見ること)を行うかもしれません。治療の処方は抗真菌剤点耳剤またはイヤークリーナーそして治療が困難なケースの場合は経口の抗真菌薬がが含まれるかもしれません。

    診察の24時間前の耳掃除は診察の妨げとなることがありますので、家庭で愛犬の耳を獣医師推奨のイヤークリーナーであってもそうじをするのは、避けてください。


    細菌性耳感染症

    細菌性耳感染症は通常もっとも深刻な症状を引き起こします。獣医師の診察前の耳そうじは避けてください。

    特定の種類の細菌は、部屋の反対側にいても臭いがするかもしれません。これらのケースでは、時に患部に著しい赤みや腫れ、痛みを伴うことがあります。分泌物は膿または血が混じったものとなるでしょう。

    細菌の有無を確認する細胞診はかかりつけの獣医師によってなされるべきです。

    細菌性耳感染症は抗生物質の点耳剤と時に経口の抗生物質で治療されます。通常の治療で効果がないケースは、細菌の種類の特定とそれに合う抗生物質での治療となります。

    もし感染が深刻で耳の中の腫れがひどい場合は、経口のステロイド剤が痛み止めと腫れを引かせるのに必要かもしれません。このようなケースはかかりつけの獣医にできるだけ早く診察をしてもらうべきでしょう。


    混合性耳感染症

    混合性の(細菌とイースト菌が混在する)耳感染はよくみられます。症状は微生物の数や種類によって違いが見られ、イースト菌感染症または細菌感染症のように見えるかもしれません。

    以下はひどい中耳炎の徴候です。

    • 愛犬がバランスを失っているように見える。
    • 愛犬がぎこちないように見える。
    • 愛犬がクルクル円をかいている。

    このような症状が見られたら直ちにかかりつけの獣医の診察を受けるようにして下さい。

    しばしば耳に炎症をおこすイヌには基礎疾患がある可能性があることを覚えておいてください。


    愛犬の耳をそうじすべきか?

    イヌには自ずから耳をきれいにする機能を持っており、自然に清潔を保っています。このため、下記の状況においてのみ家庭で耳をそうじするようにして下さい。

    ・ 愛犬の耳が目に見えて汚れている
    ・ 愛犬が泳いだ、もしくはお風呂に入った
     (獣医師推奨の乾燥エージェント入りの洗浄剤を使用して)
    ・ 獣医師に耳の感染の治療の間そうじをするよう指示をされた

    愛犬の耳は専用の液剤でそうじをしなくてはなりません。

    耳を刺激や症状の悪化させる恐れがあるので、過酸化水素、酢またはアルコールを含む耳そうじの自家製レシピの利用は避けてください。


    イヌの耳そうじの手順

    もし愛犬の耳そうじが必要な場合は、次の手順で行って下さい。

    1. 獣医推奨のイヤークリーナーを持ち、愛犬の耳の上から少しずつ液剤を耳の中へ注ぎます。
      耳が液剤で満ちるほど入れます。

    2. 液剤が行き渡り、汚れが柔らかくなるよう耳の付け根を優しくマッサージします。

    3. 汚れが耳の外に出る助けとなるので、愛犬が頭を振るのを止めないで下さい。
      (汚れが飼い主さんにかからないようタオルを用意しておくと良いでしょう)

    4. 綿球で耳垢や汚れを優しく拭き取ります。

    綿棒は汚れを耳の奥へ押しやってしまう可能性があるので、愛犬の耳そうじには使わないで下さい。


    愛犬の耳の臭いを防ぐには

    愛犬の耳の健康を保つには毎週1回はチェックしてあげるとよいでしょう。問題を早く見つけることにつながりますし、悪化防止にもなります。

    チェックポイント

    ・ 悪臭
    ・ 分泌物
    ・ 出血
    ・ 腫れ

    もし愛犬が耳に異常がある場合、以下のような行動の変化が出ていることに気づくかもしれません。

    ・ 耳をかく
    ・ 頭を過度に振っている
    ・ 頭を傾けている
    ・ ぐるぐる回る
    ・ バランスを崩している

    1頭以上を飼育している場合、イヌは同居している他のイヌの耳に問題が生じた場合、その耳に関心を持つかもしれません。

    また、耳の感染症が再度発症した場合、かかりつけの獣医の診察を受けさせ治療と掃除や養生法について相談し、問題を起こしている隠れている原因が無いか話し合うようにしてください。


    以上


    ペットのくすりやさん イヌの耳関連商品
    エピオティック犬猫用耳洗浄液 (237ml)
    エピオティック犬猫用耳洗浄液 (500ml)
    オトマックス点耳用液剤 (34ml)