ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(3)

サプリメント(4)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(5)

目の病気(6)

耳の病気(3)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(5)

心臓の病気(28)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(27)

消化器・内臓の病気(11)

泌尿器・生殖器の病気(16)

痛み・関節・骨の病気(15)

感染症(19)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(10)

甲状腺の病気(8)

副腎の病気(4)

商品検索 キーワード

 

結膜炎

まぶたの裏から白目の表面を覆っている結膜と呼ばれる部分の炎症です。異物やシャンプー、薬品などによる物理的刺激をはじめ、細菌やウイルスによる感染、そしてアレルギーなどによって発症します。 特徴的な症状としては結膜の充血、目やに、かゆみなどがあります。


■病気の詳細
結膜とは、まぶたの裏から白目(強膜)を覆っているポケット状をした粘膜です。まぶたと目を連結して目の動きを円滑にしているほか、目の組織を外部の刺激や異物の侵入から保護したり、ムチン(粘液)を分泌して目を潤す涙液を目の表面に安定させる役割があります。結膜は常に外界と接している部位であるため、外部からの刺激を受けやすく、また、目の表面は微生物の繁殖に適した環境にあることから、細菌やウイルスによる感染症を発症しやすいという性質があります。

結膜炎を発症すると結膜の充血や目やにといった症状が現れます。また、痛みやかゆみ、そして不快感からイヌやネコが目をこすったり、床にこすりつけたりすることもあり、これらの所作によって角膜の損傷や角膜炎などが引き起こされこともあります。

結膜炎の原因には大きく分けて、毛やほこりといった外部の異物の侵入によるもの、シャンプーや薬品といった物理的刺激によるもの、アレルギーや細菌やウイルスによる感染などによるもの、目の損傷やほかの目の病気から誘発されるものなどがあります。一般的に、症状が片目のみに見られる場合は物理的刺激によるもの、両目に見られる場合には微生物感染症やアレルギーによる発症であることが多いとされていますが、いずれにせよ、症状がみられた場合には早目に獣医の診断を受けることが大切です。

【症状】
・結膜の充血
・目やに、流涙
・かゆみ
・痛み
・結膜の浮腫

【原因】
・被毛、まつげ、ホコリ、ごみなどの異物
・細菌、ウイルスなどの繁殖
・シャンプーや薬品による刺激
・アレルギー

■対処法
結膜炎の治療は炎症症状を抑制しながら、特定された原因を排除することにあります。目の周りの毛やまつげが目に入り刺激となる場合には、これらの毛を剃ったり抜いたりする処置が取られ、シャンプーや化学薬品などの刺激に対しては目の洗浄を行ないます。結膜炎が細菌やウイルス感染によって引き起こされている場合には原因となっている菌やウイルスに対する抗生物質の投与が必要となります。
また、イヌやネコが目をこすりすぎることによる目の損傷を防ぐために、エリザベスカラーを用いることもあります。

■その他
ネコの結膜炎の原因でもっとも多いのが猫風邪の原因となるネコヘルペスウイルスや、ネコカリシウイルスによる感染症によるものです。
発症を完全に防ぐことはできませんが、ワクチンを接種することによって、症状が重症になることを防ぐことができるとされています。

戻る