ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(4)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(18)

目の病気(9)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(9)

心臓の病気(50)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(86)

消化器・内臓の病気(45)

泌尿器・生殖器の病気(27)

関節・骨の病気(28)

感染症(40)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(11)

アレルギー(9)

その他の病気(15)

甲状腺の病気(9)

副腎の病気(6)

商品検索 キーワード

 

クラブラン酸 Clavulanate Acid

成分説明
クラブラン酸は、ペニシリン系抗生物質耐性菌が産生するβ(ベータ)ラクタマーゼ(ペニシリナーゼ)という酵素の作用を阻害する働きのある成分です。一般には、より安定性が高いとされるクラブラン酸カリウムの形態で用いられています。

ペニシリン系抗生物質の作用は、その基本構造となるβラクタム環が細菌細胞壁を合成する酵素を不活性化することによりますが、ペニシリン系抗生物質耐性菌はこのβラクタム環を加水分解するβラクタマーゼという酵素を産生し、ペニシリン系抗生物質の抗菌作用を失わせます。

クラブラン酸は、このβラクタマーゼの作用を阻害する効力を持った成分です。耐性菌の産生するβラクタマーゼの活性部位に不可逆的に結合すると、より阻害効果の高いクラブラン酸分子へと形を変え、βラクタマーゼの別の活性部位に作用してその効力を失活させます。

クラブラン酸のβラクタマーゼ阻害作用は、ペニシリン系抗生物質に耐性を持つ菌の産生するラクタマーゼであるペニシリナーゼには効果的ですが、同系のセファロスポリン系抗生物質耐性菌の産生するセファロスポリナーゼには効果がありません。そのため主に広域ペニシリン系抗生物質との組み合わせによって用いられています。

成分分類
抗菌薬

適応
感染症