ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(4)

サプリメント(9)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(16)

目の病気(7)

耳の病気(8)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(4)

呼吸器の病気(7)

心臓の病気(37)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(43)

消化器・内臓の病気(24)

泌尿器・生殖器の病気(17)

関節・骨の病気(17)

感染症(28)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(10)

アレルギー(9)

その他の病気(13)

甲状腺の病気(7)

副腎の病気(6)

商品検索 キーワード

 

グリセオフルビン Griseofulvin

成分説明
イヌ、ネコ、そしてウサギなどの皮膚で増殖し、円形状の脱毛や鱗屑、赤みといった症状を引き起こす皮膚糸状菌症の治療に用いられている抗真菌薬です。
原因菌となる真菌類の細胞分裂時に発現する紡錐体という組織の働きを阻害し、親細胞から娘細胞へのDNAの複製を妨げることによって真菌の増殖を抑える静菌作用が認められています。

また皮膚糸状菌は皮膚、爪、毛などの組織を構成しているケラチンというタンパク質を消化吸収して増殖していきますが、経口投与されたグリセオフルビンはケラチンの前駆体となる細胞内に蓄積され、皮膚糸状菌に対して耐性を持つ皮膚、爪、毛を形成します。皮膚糸状菌に感染した組織は最終的には動物の体からはがれ落ち、この新しい組織と入れ替わることから、結果として皮膚糸状菌症を治癒します。

成分分類
抗真菌薬

適応
皮膚糸状菌症

副作用
吐き気、嘔吐、下痢、食欲減退、貧血、肝毒性

注意事項
肝機能の低下している動物への投与はしないで下さい。
また催奇性が認められているため、妊娠中の動物には投与しないでください。