ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(14)

サプリメント(9)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(16)

目の病気(7)

耳の病気(12)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(6)

呼吸器の病気(7)

心臓の病気(44)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(61)

消化器・内臓の病気(40)

泌尿器・生殖器の病気(21)

関節・骨の病気(17)

感染症(31)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(11)

アレルギー(9)

その他の病気(12)

甲状腺の病気(7)

副腎の病気(6)

商品検索 キーワード

 

グルコサミン Glucosamine

成分説明
生体内で合成されるアミノ酸と糖(グルコース)が鎖状に結合したアミノ糖の一種です。哺乳類の皮膚や軟骨、そして接合組織に豊富に存在し、拡張性や弾力性を維持する機能を持つプロテオグリカンの構成要素であるムコ多糖類(グルコサミノグリカン)を作り出す役割があります。

プロテオグリカンとは、たんぱく質の芯にグルコサミノグリカンと呼ばれる多糖類が結合してブラシのような形状となった物質です。ブラシ状に付着している糖鎖の間に水分を引き込んで保持する性質があり、これによって肌の張りや関節の衝撃緩和、そして動作の潤滑さなどを維持していると考えられています。

このプロテオグリカンを構成するグルコサミノグリカンの成分となる物質が、生体内で合成されるアミノ糖のグルコサミンです。ウロン酸やガラクトースといった単糖類に結合し、コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸、ヘパラン硫酸、ケラタン硫酸といった枝分かれのない長鎖状のグルコサミノグリカンを生成する役割があります。

さらにグルコサミンには軟骨細胞の新陳代謝の促進や損傷した軟骨の再生、軟骨に起こる炎症に対する抗炎症作用なども認められています。しかしその体内での生成量は加齢と共に減少してしまう上、食物から不足分を補うことは難しいとされているため、健康な軟骨、そして正常な関節機能を維持するためには必要量を栄養補助剤(サプリメント)で補うことが推奨されています。

サプリメントとして用いられているグルコサミンのほとんどは、カニやエビなどの甲殻類の外皮から抽出されたものを原料としており、またグルコサミンはその構成分子によって分類されています。一般的にサプリメントにはグルコサミン硫酸塩とグルコサミン塩酸塩が使用されていますが、グルコサミン塩酸塩はグルコサミン硫酸塩と比較して分子が小さく吸収されやすいことから、体内での吸収率もよいとされています。


成分分類
その他

適応
変形性関節症

副作用
吐き気、下痢、便秘